kazuo kawasaki's official blog

「『国際文具・紙製品展』と『DESIGN TOKYO』展」





「日本文具大賞の発表」を「国際文具・紙製品展」でやり、
同時に東京デザイン製品展「DESIGN TOKYO」も開催しました。
二つの審査をしましたから、今年会う人に会えました。
「DESIGN TOKYO」では「PROTO LAB」という、
若手のプロダクトデザイナーを発掘するために、
廉価で展示スペースを貸し出し、
スピーカーや倚子や時計など小物などを発表してもらっています。
昨年は、すでにTV出演や雑誌取材を受ける次世代デザイナーが、
出始めています。
出品者の人たちには出来るだけ声をかけて、
製作方法や、アイテムの増やし方とか、流通のパッケージなど、
私の40余年の経験をできる限り伝えています。
すべて今回は3D-Printerでの自作もありましたが、
デザインは、製造を頼んだりすれば、カタログなども大変です。
私の役割は、その会場での作品の、素材入手やパッケージなどを
次世代にすべて伝えたいと思って、このコーナーを設けました。
私は、海外でのデザイン自作発表にお金をかけるよりも、
まずは国内で勝負をしてほしいと願っています。
海外で発表しても、すでにスターデザイナーとして認知の人は、
それだけの価値があるでしょう。
しかし、これから認知されるべき日本人デザイナーには、
ここで自分を売り込んでほしいのです。
「売名行為」当然です。どんどんやってほしいのです。
私は、ここで発表するために作品デザインの工夫は即理解可能。
それだけに、伝えたいことが一杯あるのです。
今回も、確実な息吹を確認することができました。
「PROTO LAB」から著名になっていってほしいのです。
デザイナーの職能は本当に社会的な厳しさの中にあります。
フリーランスと聞くと、泣きたくなるほど仕事をさせてあげたい!
だから、私に出来ることは「デザインの本質」を伝えることです。
昨日も、ある国会議員の方に会いました。
今夜は、恩師に報告しつつ今後の予定を伝えるつもりです。
そして、今日も国会議員の方に会うつもりでいます。
これが、自分に残されている仕事だと思っているのです。


tag: 3D Printer, 40余年, design tokyo, Proto Lab, TV出演, アイテム, カタログ, スターデザイナー, スピーカー, デザイン, デザインの本質, デザイン自作発表, フリーランス, プロダクトデザイナー, 会場, 作品デザイン, 価値, 倚子, 勝負, 国会議員, 国際文具・紙製品展, 売名行為, 小物, 役割, 日本人デザイナー, 時計, 次世代, 次世代デザイナー, 流通のパッケージ, 素材入手, 経験, 製作方法, 製造, 雑誌取材


目次を見る

One Response to “「『国際文具・紙製品展』と『DESIGN TOKYO』展」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:32 AM on 7月 17th, 2017

    [...] * 「キャナルシティ博多での二つのショップ、二人の経営トップ」 * 「『国際文具・紙製品展』と『DESIGN TOKYO』展」 * 『JBL4343のメインテナンスは5.5回目、まだ10年はOKとか』 [...]


This entry was posted on 金曜日, 6月 28th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.