kazuo kawasaki's official blog

「正しい進化は、わが国が主導する!」





本日、阪大で「3D-PRINTING」の講演会をします。
私は阪大出身の若手エンジニアリングデザイナーから依頼。
阪大出身者であり、「次世代を開花する」職能は応援します。
そして、ほとんど大疑問だった「3D-PRINTING」ですから、
光造形・ラピッドプロトタイピングから3Dを始めた私には、
「MAKERS」を読んだときに実務経験無しを全否定してました。
案の上、米国での大統領の表明から大流行には真偽不確でした。
そのまま日本もこのブームにこそ、
いわゆるベンチャー企業はこれだという風潮が起こりました。
家庭用・業務用・工業用・研究用が全てを包含したブームゆえ、
とうとう、わが国の大企業が「金型まで可能ゆえ云々」とは、
これは日本の知性の浅薄さを露呈してしまうと直感しました。
まず、ベンチャーと言って進歩した企業は限定されています。
しかも、国内の大企業、その経営者にデザイン理念がありません。
だからこそ、ベンチャーに期待をかけますから、
「誤解が蓄積」すればするほど、
いわゆる「3D-PRINTINGのイノベーション」情報は錯乱します。
そこで、阪大では3人の教授たちは「教示の姿勢」で、
このイベントを引き受けた次第です。
まず、断っておきます。
私が大学人になって掲げてきた三つの革命は当たっています。
         ●光重合革命
         ●遺伝子革命
         ●電磁波革命
この全てが「3D-PRINTING」に適合しています。
だから、「3D-PRINTING」の時代は必ず来るでしょう。
だからといって、
3D-PRINTERはインクジェット方式だけではありません。
大事なことは私が光造形システムで試行してきたことの欠落です。
それは、「何を進化させるか」です。
あたかも、これまでの進化ではなくて突然変異を起こすことです。
本日、私は専門家チームも来阪してもらいました。
「3D-PRINTING」の技術とデザインは阪大が中核になります。


tag: 3D, 3D Printing, MAKERS, イノベーション, インクジェット方式, エンジニアリングデザイナー, デザイン, デザイン理念, ブーム, ベンチャー, ベンチャー企業, ラピッドプロトタイピング, 主導, 光造形, 光造形システム, 光重合革命, 大企業, 大統領, 実務経験, 家庭用, 専門家チーム, 工業用, 日本, 業務用, 次世代, 浅薄, 直感, 知性, 研究用, 突然変異, 米国, 経営者, 職能, 蓄積, 誤解, 講演会, 進化, 遺伝子革命, 金型, 開花, 阪大, 阪大出身者, 電磁波革命, 露呈, 風潮


目次を見る

One Response to “「正しい進化は、わが国が主導する!」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:38 AM on 4月 30th, 2017

    [...] * 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』 * 「正しい進化は、わが国が主導する!」 tag: HOLA, アート, オーストリア, コレクター, タカタレムノス, 乾盃, 仏具, [...]


This entry was posted on 土曜日, 7月 6th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.