kazuo kawasaki's official blog

「危機解決産業の創成は3D-PRINTING中核重要拠点として活動」





3D-PRINTINGと3D-PRINTERは別個に考えていくべきです。
現在、「米国がくしゃみをすれば、日本は風邪をひく」、
このような状況に追われていて、
2005・FABLAB、2008・RepRap-Project、2010・MAKERS、
これらの影響を商売的な夢物語りとしていて、
本来重大である、「未来志向」を見失っていると私は思います。
私は、日本最初のラピッドプロトタイピングでの光造形経験から、
Printerそのモノの機種開発を「日本独自」にし、
Printingという技術システムとCloud環境ダイナミックスを考慮。
この二つの具体案による、
「産業創成」「経済効果」を「日本戦略」デザインにしています。
具体的には、すでに戦略の企画化から計画に向けています。
対象産業も、当然に金型製造もありますが、
私は、むしろ、伝統工芸界や医療薬品界にむけて、
まず、機器開発とともに、情報発信から情報管理の、
「アンビエント・アライアンス」化によるクラウド網の
スマートシティ具体策にしていく計画でいます。
おそらく、現在はあまりにも「MAKERS」的発想が将来像という、
とても誤った未来志向に日本も包まれています。
しかし、この実態はやがて発祥地である米国では、
次の三つの欠点が露呈するものと判断しています。
● 3D-PRINTERが自宅での製造に至るが、この延長に未来は無い。
● 産業用と家庭用の機器メーカーのM&Aでは未来は生まれない。
● 何を商品化するかというのは現在商品アイテムではない。
こうしたことに気づくはずです。
したがって我が国では明快に産業用が家庭内ではどうあるべきか、
これを熟考と実践することが大事です。
そして、決してこれまでのPRINTER企業や、IT産業界だけでは、
絶対に無理です。
私のデザイン創出発想には、
新たな産業アイテムそのもの創成をめざしていきたいと考えます。


tag: 3D Printer, 3D Printing, Cloud環境ダイナミックス, IT産業, M&A, MAKERS, RepRap, アンビエント・アライアンス, クラウド網, スマートシティ, デザイン, デザイン創出発想, ラピッドプロトタイピング, 伝統工芸界, 光造形, 創成, 医療薬品界, 危機解決産業, 商品化PRINTER企業, 家庭用, 情報発信, 情報管理, 技術システム, 日本戦略, 日本独自, 機器メーカー, 機器開発, 産業創成, 産業用, 米国, 経済効果, 自宅, 金型製造


目次を見る

One Response to “「危機解決産業の創成は3D-PRINTING中核重要拠点として活動」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 11月 4th, 2016

    [...] 決して「机上の論理」ではなく、付加価値でもありません。 * 「危機解決産業の創成は3D-PRINTING中核重要拠点として活動」 * 『次世代デザイナーへの手本になりたい事例を発表予定 [...]


This entry was posted on 水曜日, 8月 7th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.