kazuo kawasaki's official blog

「HMDのこれまでの進化をさらに深化させる!」





本日、ちょうどHead Mounted Displayの革新を進めています。
画像はかつてあるベンチャーで、
目先に60インチがモニタリング実働させる機種まで進みました。
商品化が頓挫し、片眼ともどもグーグルにまでプレゼンでした。
私がついていくべきだと思ったのは、
そのプレゼン内容を聞いた瞬間に技術が盗用されたと思いました。
結果、今、グーグルグラスが話題になっていますが、
現状の形態を見れば、どれほど内容不足かを私は知っています。
おそらく商品化は遅れるはずであり、
あのままでは製造物責任が相当に残っています。
これは何もやっかみで言っているわけではありません。
私自身がHMD開発で苦労してきたことが、
一つも解決されていません。
顔面上には44度高温になることは厳禁です。
しかし、現状のLSIを使えば、
高温になることは現状の技術限界があります。
このブログでもやわらかくエレクトロニクス高温化と、
その対策での冷却化対策は、
人工心臓をやっていて最大の問題ですから熟知しています。
さらに、メガネフレーム設計においては、
「瞳孔距離設定」の問題です。
つまり、見つめる眼球の焦点距離と鼻パッド関係があります。
この当時の製品から、今ではOSソフトウエアと、
ジェスチャー・インターフェイス関係まで進化しています。
やがて、私の想像の世界がくるでしょう。
しかし、メガネ=目の差し金が江戸文化に未来図があります。
江戸時代の人たちも、やがてメガネをかければ、
旅に出た如く、富士山や伊勢神宮が見える日がくると、
黄表紙本に描いていました。
まったく、日本人が思い描いた想像の世界は、
江戸時代からあったわけです。
ということで、私は、HMDが現在どこまで進んでいるか、
とても見せたい限りですが、必ず日本が進化を深化させるという、
そんな気分で一杯です。
絶対にモノづくりでは、わが国が勝つことです。
勝負しなければ、この小さな国は貧しい国になってしまいます。
それは絶対に避けなければなりません。


tag: 60インチ, Head Mounted Display, HMD, LSI, OSソフトウエア, やっかみ, エレクトロニクス, グーグルグラス, ジェスチャー・インターフェイス, ブログ, プレゼン, ベンチャー, メガネフレーム, モニタリング, 人工心臓, 内容不足, 冷却化対策, 商品化, 形態, 未来図, 機種, 江戸文化, 片眼, 瞳孔距離設定, 製造物責任, 黄表紙本


目次を見る

One Response to “「HMDのこれまでの進化をさらに深化させる!」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    4:16 PM on 4月 9th, 2014

    [...] 「HMD・『単眼タイプスカウター』を米国でプレゼンは失敗だ」 「HMDのこれまでの進化をさらに深化させる!」 tag: [...]


This entry was posted on 土曜日, 8月 10th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.