kazuo kawasaki's official blog

『地球環境の変動と株価変動でみる企業意識』





新人デザイナーの頃、インプリンティングされたことは、
デザイナーの生涯に大きな興味と専門家知識を磨きます。
素材テクスチャが磨かれました。
ブラジリアン・ローズウッドという木目の工業化でした。
印刷会社の職人さんから自然物の木目を感覚でデザインすること、
この誤りを強く指摘されましたから、
その後の自然物素材の工業化では常に実物検証に徹してきました。
これは、私自身の知識と感覚を合一化する有効なプロ意識を育成。
したがって、例えば、皮革製品については「見立て」が可能です。
この10年にわたって地球環境の悪化は自然物皮革を破壊しました。
特に顕著な実例はクロコダイル皮革の大変化です。
自然物のクロコダイル皮革テクスチュアが狂ってきました。
まして、その工業化=型押しという技法では大間違いが横行、
にもかかわらず、その市価設定まで間違ってきています。
したがって、自然物、いわゆる本物までの見立て誤りも増加です。
たとえば、高級ブランド腕時計のベルトまでを見抜けます。
高級時計特にスイス製については言及すべきことがあります。
ともかく、これは一方が本物で正確なノートカバーです。
そして、もう一方は工業製品としてのブリーフケースです。
この工業製品、型押しでのクロコダイル製品は、
デザイナーまたは企画者がクロコダイルテクスチャに対して、
知性と感性を失っていることを断定することができます。
これは、自然物のテクスチャだけの話ではありません。
日本の企業意識、大企業病とベンチャー企業オーナー意識までが、
すこぶる破壊されているということにも繫がっています。
その評価を確認する方法は景気と連動しています。
すなわち、景気指標の「株価変動」が表していることです。


tag: インプリンティング, クロコダイル皮革, スイス製, デザイナー, デザイン, ノートカバー, ブラジリアン・ローズウッド, ブリーフケース, ベルト, ベンチャー企業オーナー意識, 企業意識, 企画者, 印刷会社, 地球環境, 型押し, 変動, 大企業病, 実物検証, 専門家, 工業化, 工業製品, 感性, 感覚, 新人デザイナー, 株価変動, 生涯, 皮革製品, 知性, 素材テクスチャ, 自然物, 高級ブランド腕時計


目次を見る

2 Responses to “『地球環境の変動と株価変動でみる企業意識』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:03 AM on 10月 22nd, 2016

    [...] * 「これが最悪か!・・・宗教戦争、語るべきか」 * 『地球環境の変動と株価変動でみる企業意識』 tag: sustainable, サスティナブル, テロリズム, ドイツ, メタファー, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:46 AM on 1月 16th, 2017

    [...] * 『SF映画が示唆していること=その真実性と想像性』 * 『地球環境の変動と株価変動でみる企業意識』 tag: アイディア, カーボン戦術, ガス, サーキュレーション, [...]


This entry was posted on 月曜日, 10月 7th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.