kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
  「神の国は、アジアを開放したということ。」



091124meigou5
091124nisshouki

「明号作戦」というのが終戦間際に決行されました。
第二次世界大戦で戦後わが国は誹謗中傷を受けています。
それこそ、敗戦となった報復は
日本国内の左翼系、マスコミの一部ですら、
平然と「戦死者」への鎮魂も無く罵詈雑言です。
「靖国問題」・「教科書問題」・「慰安婦問題」、そして、
でっちあげられた「南京大虐殺」にまで及びます。
私は、こうした問題に、より知的・冷徹・平衡感覚的に、
実情を遡及すべきことが、
基本的な「愛国心」の基礎ではないかと考えてきました。

しかし、
「愛国心」・「部落差別」・「新興宗教」・「国歌」などを
戦後はすっかり、「タブー」としてきた教育には、
本来の教育思想への大きな裏切りを私は認めざるをえません。
「日華事変」と「大東亜戦争」との差異性を語った講義すら、
私は一部から「忠告」まで受けたのです。
「思想教育など行うべきではない」と。

この歴史観が私的に語られることを「思想教育」という大学人、
私はそうした連中を日本人とは思わないことにしています。
そういう大学人をいづれ論理的にも、制度的にも、
日本人学者であることの資格は剥奪すべきだと思います。

「明号」作戦は、
インドシナを欧州各国からの独立を支援しました。
そこにあった「基盤思想」は、
アジア小国それぞれの解放と独立でした。
あの敗戦間際での日本軍が果たした功績は、
決して公認もされず無視であり歴史史実は皆無です。
それどころか、明号作戦を指揮した人々は、
戦犯として絞首刑された日本軍の幹部将校たちでした。
彼らは靖国に帰国しているのです。
彼らの「アジア小国の開放」功績は、
日本の歴史には明晰に書き残し、
語り継ぐべきだと私は主張しておきます。

なぜなら、欧米宗教で押しつけられた「資本主義」、
日本人自らも「資本主義」を選んだ賢明さを、
私は、間違いでは決してなかったと確信しています。
しかし、そろそろ、
あの「明号作戦」の根底の理想主義を読み返すべき、
そんな時代に入っていると思っています。
アジアの小国、その真なる独立はまだ虚構かもしれません。


tag: 「資本主義からの逃走」, インドシナ, タブー, 冷徹, 南京大虐殺, 国歌, 報復, 大東亜戦争, 平衡感覚的, 愛国心, 慰安婦問題, 戦後, 戦死者, 戦犯, 敗戦, 教科書問題, 日華事変, 明号作戦, 歴史観, 独立, 知的, 第二次世界大戦, 罵詈雑言, 解放と独立, 資本主義, 部落差別, 鎮魂, 靖国問題


目次を見る

2 Responses to “『資本主義からの逃走』
  「神の国は、アジアを開放したということ。」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 8月 17th, 2014

    [...] 「終戦間際の消された歴史・亜細亜の中の日本」 「神の国は、アジアを開放したということ。」 「敗戦で学びながらも、またそうなるのだろうか。」 tag: [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:18 AM on 6月 29th, 2017

    [...] * 『ネットワークの保全として「暗号」の再デザインを』 * 「神の国は、アジアを開放したということ。」 * 『毎夏、再自覚決心の日』 [...]


This entry was posted on 火曜日, 11月 24th, 2009 at 8:00 AM and is filed under 006「宗教・神の国」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.