kazuo kawasaki's official blog

11月27日川崎和男のデザイン金言 Kazuo's APHORISM as Design



11月27日 友引(丙子)


「金は天下のまわりもの」という
景気循環論で
この現代が語れるはずがないと考える。
経済学は、そうした景気循環論を
十九世紀後半からさまざまに学説化したり、
理論としてテキスト化してきたらしい。
こうした予測論は、不況からの解放でも、
脱出、再生でもない。
不況からの逃走、逃避でしかない。



『プラトンのオルゴール』
不況解決のトライボロジー


tag: テキスト化, 不況, 予測論, 再生, 学説, 川崎和男のデザイン金言, 景気循環論, 現代, 理論, 経済学, 脱出, 解放, 逃走, 逃避, 金は天下のまわりもの


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 11月 27th, 2009 at 9:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.