kazuo kawasaki's official blog

『伝統工芸産地第二世代の新製品テーマ』





タケフナイフビレッジ第二世代の新製品は、ミニサイズナイフです。
ナイフの携行は世界的にも禁止されています。
特に9.11以後スイスのアーミーナイフメーカーは企業存続危機までに
落ち込み、それからナイフメーカーは新規商品アイテムで大成功。
国内では、60mm以内のナイフまでは携行が認められています。
要は、ナイフを武器扱いする非常識な輩が増えてしまったことです。
刃物産地の警察が「刃物は持つな」という垂れ幕問題がありました。
さらに、日本の企業は常に有言実行を倫理観としていますが、
国際的には訴求第一であり、実現できなくても発表主義です。
国内の大企業ほど有言できる程の力すら無く、開発秘密主義です。
「言ったからにはヤル」という国内企業ほどデザインを無視です。
それは企業成長を諦めているに等しいと断言しておきます。
私は、敢えて「TAKEFU mini60」から発表していきます。
無論、まだまだ第二世代やその周辺に修練を要求しますが、
3D-Printingの技術投資を行いこれが日本のモノづくりを見せます。
ブレードは55mmで世界でミニサイズ刃物はこの産地だけが目標です。
私は懸命に熟慮を込めて、有言実行を必ず成し遂げてきました。
しかし、多くの企業、その経営者たちは臆病過ぎると思っています。
安全な儲け主義だけの経営企業は必ず存続しないことは明白です。
デザインは最近重視されない風潮が国内企業経済に蔓延していますが
国内企業はそれだけで「費用対効果」と「投資効果」を失ってます。
私は、「TAKEFU mini60」で30年経過したこの産地を成長させます。
だから、商品形態はまだ発表できませんが、
当然のこと、発明を込め、ミニサイズナイフの問題解決をそのまま
デザイン導入で解決として、世界的なナイフを創出する覚悟です。
そのためには、「遊ぶがごとく開発をします」。
遊ぶことは神以外は不可能ですが、神と共にあれば遊べるのです。
最も私自身は無神論者になっていますが、
「遊べるミニナイフ」こそ、道具の基本であることの再確認です。

「私のナイフの原点はナイフデザインの原典」
「再びナイフを真剣に眺めています」


tag: 60mm以内のナイフ, 9.11以後, TAKEFU mini60, スイスのアーミーナイフ, タケフナイフビレッジ, ナイフの携行, ミニサイズナイフ, ミニサイズ刃物, 世界的なナイフ, 投資効果, 有言実行, 武器, 無神論者, 発表主義, 第二世代, 訴求第一, 費用対効果, 遊ぶがごとく開発, 遊べるミニナイフ, 開発秘密主義


目次を見る

2 Responses to “『伝統工芸産地第二世代の新製品テーマ』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 12月 19th, 2014

    [...] 『 ひとりの親方が逝った・・・ 』 『伝統工芸産地第二世代の新製品テーマ』 『30年前のデザインを伝統工芸産地で商品化して今なお・・・』 tag: NHK, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:00 AM on 1月 22nd, 2015

    [...] これが第二世代の理念です。 『伝統工芸産地第二世代の新製品テーマ』 「750年をタケフナイフビレッジで革新して30年」 tag: NHK国際, TAKEFUmini60, [...]


This entry was posted on 火曜日, 6月 17th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.