kazuo kawasaki's official blog

『「アプロプリエーション」という芸術手法はデザインに非ず』





私がよく受ける質問に「アートとデザインの違いとは?」です。
簡潔に極言すると、アートは主観的表現であり、デザインは客観的。
この差異性から、アート手法をデザインで再利用するにしても、
それには、引用、借用、隠喩などのアート手法をデザイン運用する、
その限度、限界については、なんといっても倫理性があります。
その倫理性とは盗作には決して至ってはいけないということです。
最近はインスパイアとかオマージュとかということの限度があります。
ところが、コピーを国是ともしている中国では、
すでに著作権がオープンになっている過去の名作をコピーして、
それを「ジェネリック製品」とか呼び、その原創作者名も表示します。
これはあたかも容認されているかのようですが、
そもそも、最近では「ジェネリック薬品」自体の信用性が医学的にも
否定され始めてきているのが実情です。
かって、著作権・商標権・意匠権・実用新案権・特許に関して、
国家プロジェクトとして、私は特にデザイナーのアート手法について
「文と理の狭間からの飛翔」ーI.P.Annual Report知財年報〈2010〉
「デザインの本質と法的保護の未来を探る」を書いたことがあります。
これはデザイナーも読んだ形跡がなくこの日本でデザイン盗作実態や
盗作全肯定の教育までが私あてにその告発希望がやってきます。
美大生になるとすぐ、私には最も難解であった
マルセル・デュシャンの「L.H.O.O.Q.」を徹底的に学習しました。
結果、デザインでの再教育が極めて必要だと主張しておきます。
それは、デザインとは客観的な表現であり、コピーも盗作も同一、
この倫理観、デザイナー道徳の無いデザイナーやデザイン教育は
決して許されることでは無く、デザイン史実には残らないでしょう。
すでに原創作者が逝去を隠して、オマージュでもインスパイアー、
ましてアプロプリエーションの論理も語れないのは盗作です。


「未構築・非構築な『知財権』と制度設計」
「2010年・行学に向かい合ったか」
「AppropriationーDesignに紛れ込んできている危険性・1」


tag: I.P.Annual Report知財年報, L.H.O.O.Q, アプロプリエーション, アートとデザインの違い, アート手法, インスパイア, オマージュ, コピー, ジェネリック製品, デザイナー道徳の無い, デザインの本質と法的保護の未来を探る, デザイン史実, デザイン盗作実態, マルセルデュシャン, 中国, 主観的表現, 信用性, 借用, 倫理性, 原創作者が逝去, 告発希望, 客観的表現, 差異性, 引用, 文と理の狭間からの飛翔, 盗作, 盗作全否定, 芸術手法, 著作権がオープン, 著作権・商標権・意匠権・実用新案権・特許, 限度, 限界, 隠喩


目次を見る

2 Responses to “『「アプロプリエーション」という芸術手法はデザインに非ず』”

  1. 戻っていく感覚 « audio identity (designing)
    10:33 PM on 1月 23rd, 2015

    [...] 戻っていく感覚 川崎先生の10月28日のブログ(タイトルは『「アプロプリエーション」という芸術手法はデザインに非ず』)を読んで。五味先生の文章を読み返した。 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 8月 14th, 2016

    [...] 間心情にまで 表現内容が伝わることと理解したのです。 * 『「アプロプリエーション」という芸術手法はデザインに非ず』 * 『意識して見つめたい「光」を』 * 「絵画に惚れ [...]


This entry was posted on 火曜日, 10月 28th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.