kazuo kawasaki's official blog

『ワイフのたったこれだけの授業講義プレゼン道具』





私のワイフは、出身は建築ですが、京都の私立美大系で、
プロダクトデザインの学生に対して非常勤講師をしています。
iPhone6 Plus発売と同時に、どうしてもPlusにしたいというので、
それを手に入れたところ、
これまで、iPadからiPad miniでの講義をすっかりPlusにしました。
どれだけを持っていっているのかとその道具を借りたら、
たったこれだけでした。ちょうどカバーはシャネルがぴったりとか、
音楽も、この携帯用で教室では十分とかのようです。
講義内容は、「近代空間論」とか「インテリア空間論」で、
もちろんKeynoteは徹底して私にうるさがられても指導しています。
時折、プレゼン内容では、トランジッションとか、映像の動きに、
私は詳しくとやり直しをついつい命じてしまいますが、
「そこまで、学生は要求していない」とか、拒否されます。
もう非常勤講師を3年ですから、年々と内容は詳細化しています。
一度忍び込んで聞いてみようかと考えています。
「明日は、これをやるから、どこから講義すれば?」というので、
ここからが絶対に面白いとか言えば、
「もっと、簡潔に説明を」とか言われてしまします。
説明をすると、「なるほど、この本にもそう書いてあった」とかで、
私の膨大なるデーターベースをテストしてきます。
私の講義を個人レッスンするのだから、これだけ請求すると言えば、
「誰が毎日の食事、洗濯、掃除をしているの!」とか言われれば、
もう沈黙せざるをえません。
しかし、最近は、どれほどKeynoteがPowerPointでは出来ない、
そんな表現を私以上に語れるようになったようです。
私から見れば、まだまだ専門家ではないと思いますが、
こうした道具で十分に映像・画像・音響まで、
手軽に行動しているのを見るとKeynoteだからこそ可能であり、
未だにPowerPointを使っているのは本当に低レベルだと断定します。


『画面プレゼンテーションを再考せよ』


tag: iPad, iPad mini, iPhone6 Plas, Keynote, PowerPoint, シャネル, トランジッショインテリア空間論, プロダクトデザイン, ワイフ, 低レベル, 個人レッスン, 建築, 映像・画像・音響, 私立美大系, 近代空間論, 非常勤講師


目次を見る

One Response to “『ワイフのたったこれだけの授業講義プレゼン道具』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:31 AM on 8月 24th, 2017

    [...] * 『前頭葉での発想ソフト使用は無能さを露呈する』 * 『ワイフのたったこれだけの授業講義プレゼン道具』 * 『Programmingが整ってきたのはMacの世界になったから』 *  tag: Ethernet, [...]


This entry was posted on 木曜日, 10月 30th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.