kazuo kawasaki's official blog

10月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



10月30日 甲戌(先負)


明快に語ること、
明確に語ること、
この違いを
喧嘩を仕掛けるならば
使い分ける必要があります。

喧嘩?が、
出来ないことは、
それだけで、もう負けているのです。
まして、
明快さと
明確さとの違い、

これは喧嘩だけではなく、
語り方が 話し方論調としての常識です。


川崎和男「喧嘩道」


tag: 喧嘩, 川崎和男「喧嘩道」, 明快さ, 明確さ, 話し方, 語る


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 10月 30th, 2014 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.