kazuo kawasaki's official blog

11月08日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



11月08日 癸未(赤口)


自分の実力は?
こう考えた段階で、
その人には実力は無い者だ。

実力とは、
自分が決めるものでは無く、
周囲の評価にある!ということだ。

だから、
自分よりも他人と競べてこそ、
実力は明確になる。

実力こそ、
他人との喧嘩の中で培われている。
つまり、
彼が、彼女が、自分より勝っているからと
自分に売った喧嘩で分かる!

川崎和男「喧嘩道」


tag: 喧嘩, 実力, 川崎和男「喧嘩道」, 段階, 自分, 評価


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 11月 8th, 2014 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.