kazuo kawasaki's official blog

『最近見なくなった竹藪、その思い出』






先日、京都のあるホテルの前庭にささやかな竹ヤブをみました。
それは竹ヤブであり、竹藪のような雰囲気だけでした。
それでも私はとても心惹かれて、思わず、撮りました。
私には自分の家=自宅を持つという感覚は全くありません。
むしろ、できるだけ高層の最上階・ペントハウスが望みです。
竹藪には私の幼児期から小学校低学年の頃までの思い出があります。
母の実家、祖父の家はその半分400坪に竹藪がありました。
だから、この竹藪は一番の遊び場であり、
その遊び場に蓄音機のSPレコード盤を持ち出してきて、平気で、
そのレコード盤を飛ばしてしかも割れ散ることを楽しんでいました。
社会人になってオーディオから始めた時には、SP盤を割ったこと、
大いに哀しんだものです。
その竹藪には、二つの小屋がありました。
一つは消し壺の焼窯と落とし紙の紙漉き小屋でした。説明必要です。
消し壺とは、火種になる炭火を入れておく、陶器の蓋付きの壺です。
落とし紙というのは、現代のトイレットペーパーです。
便所にはその灰色の落とし紙がありました。
そして、その小屋にはそれぞれ職人さんがいましたが、二人とも、
祖父の雇い人でしたが、祖父よりも年寄りであり、
幼い私にはふたりとも家来だったと思っています。
祖父は最後の宮大工でもあり、社会的な役割がどれほどかは不明です。
ただ、製材所から瓦焼から、様々な雇い人だけでは無くて、
様々な商売もしていました。
しかし、破産したことも母からは聞かされていました。
この頃は街中ではほとんど竹ヤブは装飾的に見かけても、
竹藪はほとんどみたことがありません。
竹は根が張り巡らされているので地盤は地震に強いと言われています。
その竹藪が一辺に無くなりました。
それはある日、竹に花が咲いたと言われています。
竹に花が咲くのは、竹に異変が起こり全滅する印だと言われています。
私の思い出の中の竹藪は祖父との思い出がいっぱいあります。


tag: SPレコード盤, トイレットペーパー, ペントハウス, 京都, 便所, 前庭, 地盤, 地震, 宮大工, 小学校低学年, 年寄り, 幼児期, 母の実家, 消し壺, 火種, 炭火, 焼窯, 瓦焼, 破産, 祖父, , 竹に花, 竹ヤブ, 竹藪, 職人, 自宅, , 落とし紙, 蓄音機, 蓋付きの壺, 製材所, 陶器, 雇い人, 高層の最上階


目次を見る

2 Responses to “『最近見なくなった竹藪、その思い出』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 5月 6th, 2016

    [...] 思います。 写真は私の自宅:マンション(集合アパートの玄関飾り) *『最近見なくなった竹藪、その思い出』 *『享保の手帖から私が学び直したこと』 *『* 夢の大きさは、祖 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 7月 1st, 2016

    [...] ません。 以後、行政がらみのデザイン意義はないものと考えています。 *『最近見なくなった竹藪、その思い出』 *『都市伝説であれ、地震雲あり空をよく見よう』 *『あれから20年・ [...]


This entry was posted on 火曜日, 11月 11th, 2014 at 12:30 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.