kazuo kawasaki's official blog

『「図鑑」=作品集はもう一冊は出したい』





デザイナーになって40年の活動は図鑑「川崎和男Design」に
まとめることができました。
だから、自分の仕事を紹介するにはとても重宝しています。
しかし、本来は阪大の最終講義に出版をと思っていましたが、
自分で編集に加わってからは、どうしても書籍というモノ、
モノのプロダクトデザインとして、紙質から製版までをなんとか
最先端にしたくなって1年も延期してしまいました。
また、出版社からは「川崎和男・全仕事」が売れ筋と言われましたが
全仕事ではなくて、今も進行中の仕事を最終と考えたい、
そう言い張ってしまったのも延期することにつながりました。
幸いにして、この書籍出版では、現在最高峰の技術を集めたので、
おそらく、この種の美術図鑑ではこれ以上の仕上げは無いとさえ、
自画自賛しているありさまです。
だから、本来なら配布したい人がいますがこれも敢えてやりません。
今は傍らに置いて改めて詳細な校正というより説明を付加しています。
デザイナーである私の作品は写真表現になっていますが、
その作品一つ一つは、製造・生産に関わった人たちだけではなくて、
この作品に至るまでのスケッチ、何枚もの図面、企画書など、
作品の写真に集約されているだけのことであり、実際は、
とてつも無く多くの人たちが支えてもらえたからこその出来映えです。
もし、画家なら、自分の力量で作品は描けたかもしれませんが、
デザイナーであるからこそ、発想のスケッチから企画計画を立案し、
私のことですから、随分とわがままなる喧嘩もしてきました。
私自身は、これで4冊目の作品集ですが、
私の人生最期の仕事=今関わっているすべては、メモも、それこそ、
電話の声も、会議も残したい、その記録としての作品集、
そのようまモノが残せるのだろうかと、考えてしまいます。
でも、現在進行形の仕事も必ず「図鑑」にしたいと願っています。


『作品集は合計やっと4冊になりました』
「64歳ー私のデザイン作品集『図鑑』編集中」


tag: 40年, スケッチ, デザイナー, モノのプロダクトデザイン, 仕上げ, 企画書, 企画計画, 全仕事, 写真表現, 力量, 図鑑, 図面, 川崎和男Design, 書籍というモノ, 書籍出版, 最終講義, 最高峰の技術, 活動, 現在進行形, 生最期の仕事, 画家, 立案, 紙質, 編集出版, 美術図鑑, 自分の仕事, 自画自賛, 製版, 製造・生産, 記録, 詳細な校正, 進行形の仕事, 配布


目次を見る

2 Responses to “『「図鑑」=作品集はもう一冊は出したい』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:50 AM on 5月 2nd, 2017

    [...] * 『経緯が敬意に、形態言語から自分の造形言語化を』 * 『「図鑑」=作品集はもう一冊は出したい』 * 『モノ真似防止、他のデザイナー作品は暗記すべきだ』 tag: 6種類, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 7月 27th, 2017

    [...] ーヤー以外は無いはずです。 (モノは何?)、想像してください。 * 『「図鑑」=作品集はもう一冊は出したい』 * 「64歳ー私のデザイン作品集『図鑑』編集中」 * 『私の図鑑 [...]


This entry was posted on 木曜日, 11月 13th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.