kazuo kawasaki's official blog

『見慣れないのではなくて無視にも気づかない無知さについて』





駅のホームは空しくなるほど酷い。
最近はこんなことが見たり聞いたり知って、空しさと同時に、
とても穏やかになれない自分がいます。
もし、コスト的にただ屋根があって、それでも様々に機能的、
だからデザインされている、なんてもし自称しているなら、ヤる!
それこそ、ある記者の方から、革新について連載を書くので取材とか
そうした質問を聞いているうちに、私の苛立ちがあがってきます。
思い切って、「あの、ところで『革新』って何ですか?」、
「えぇ〜、革新は革新でしょう」
(バカヤロウ、もう結構だ、目の前にいたら・・・!)。
ある評論家が、
「イノベーションが起こらないんだヨ、困るね」、
「あの、イノベーションを発言した論理だと・・・」と言うと、
「それ、どういうこと?」
(はァ〜、原本すべて読破して自分の意見あるの〜)。
ある若手経営者が、
「これから我が社の機器と回線は・・・・」
(機器ってそういう意味じゃ無い、回線の時代性見えていない)
(この企業が自称する時代性はもう消滅しているナ〜)
助教授から准教授と名前が変わりました。
どうしたものでしょうか〜
(お前は、世間では生きていけない、せめて大学の空間に・・・
いや、お前がいくら博士だろうが、その前に才能が無い!)
エェッ、よくも匿名だとここまで勝手なことを書き込むよナ〜
一度、私の前で、私の目を見て、正々堂々と非難してみなさいよ?
できるわけがない!
車イスの私だけど、殴りあってみますか!
殴り合い、当然、暴力での喧嘩です。
やり合った経験すらないでしょう。いつでも出来ます、私は。
駅のホームの貧しさを見て、体中に怒りが沸いてくる私です。


tag: イノベーション, コスト的, デザインされている, ホーム, ヤる, 准教授, 助教授, 勝手なこと, 匿名, 博士, 原本, 取材, 回線, 大学, 屋根, 怒り, 才能, 時代性, 暴力での喧嘩, 機器, 機能的, 正々堂々, 殴り合い, 私の目, 穏やかになれない, 空しさ, 空間, 経験, 結構, 自称, 苛立ち, 若手経営者, 記者, 貧しさ, 質問, 車イス, 連載, 革新, , 駅のホーム


目次を見る

2 Responses to “『見慣れないのではなくて無視にも気づかない無知さについて』

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:01 AM on 6月 26th, 2016

    [...] の日本、 特に地方都市はもっと「貧しく」なるでしょう。 *『見慣れないのではなくて無視にも気づかない無知さについて』 *『新幹線ホームのエレベーターは再デザイン必要』 *『 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:31 AM on 10月 21st, 2016

    [...] * 『変だ! おかしい、狂っている、それは・・・私か?』 * 『見慣れないのではなくて無視にも気づかない無知さについて』 * 「新幹線ホームのエレベーターは再デザイン必要」 [...]


This entry was posted on 火曜日, 12月 9th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.