kazuo kawasaki's official blog

12月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



12月27日 壬申(仏滅)


私はやはり明言すべきことに
絶対に躊躇しない人でありたい。
明言を差し控えることが
空気を読み
穏便であることがわかるが、

その穏便さの中で
息をしたいとは思っていない。
そんな穏便さなど、息苦しいだけだ。




川崎和男「喧嘩道」


tag: 川崎和男「喧嘩道」, , 明言, 穏便, 躊躇


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 12月 27th, 2014 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.