kazuo kawasaki's official blog

『刃物の地肌、その偽物氾濫が流行している』





越前打刃物にタケフナイフビレッジで革新を図ってきました。
すでに30年、デザイナーとして産地を率いてきました。
30年前のキッチンナイフ開発のために、
高品位ステンレス鋼を素材メーカーで開発してナイフにしました。
この素材は、鋼をステンレスでサンドイッチ化して、
伝統技である、火づくり鍛造で、ハマグリ刃まで実現してきました。
ところが、県の要請でデザイナーがタケフナイフビレッジではなく、
福井県での刃物にデザインが導入されると、大落胆します。
それは、刃物の学識見識不足があって、偽物素材のダマスカス鋼を
平然と使ってしまうのです。
しかも、最近は大手金属メーカーも偽物ダマスカス鋼素材で、
これが日本の伝統とかでブーム化しています。
真のダマスカス鋼は中東で刃物の地肌として登場し、
それが米国のナイフ作家たちが、ダマスカス鋼とか言って使います。
実際は材料学・冶金工学でも中東のダマスカス鋼は不明なこと多く、
米国のは、鋼をともかく高温で幾重にも焼きを入れているだけであり
日本刀が砂鉄素材からの低温度精錬であった技術を知らないのです。
高温度で不純化しないで地肌を作成したダマスカス鋼などは、
日本刀でも優れないモノであり切れ味も無かったことを知りません。
先般も、大手刃物企業のすでにダマスカス鋼的な素材ナイフを見て、
私自身がっかりしていました。
そうしたら日本刀の専門家から、なんて恥知らずの刃物づくりかと
私は問い詰められました。
日本刀の地肌づくりは刃先硬度は、世界一です。
たとえ本物のダマスカス鋼でもそこまでの硬度は出ません。
したがって、私は、タケフナイフビレッジにはあくまでも本物を、
地肌には、最も困難な柾目肌を実現させたいと考えています。
そういえば、日本人は盆栽や日本刀の手入れなどは
小学生時代に教育で教えるべきだと思っています。
私も、盆栽や日本刀を知る環境にありましたが今初めて、
この美学的な価値の偉大さを知るようなありさまです。

[写真]
偽物だとすぐわかるダマスカス鋼包丁
鋼地肌が柾目肌の日本刀


tag: キッチンナイフ, サンドイッチ, ステンレス, タケフナイフビレッジ, ダマスカス鋼, ナイフ, ハマグリ刃, 不足, 伝統技, 低温度精錬, 偽物ダマスカス鋼, 偽物素材, 冶金工学, 刃物, 地肌, 大手金属メーカー, 学識, 手入れ, 日本刀, 材料学, 柾目肌, 火づくり鍛造, 盆栽, 砂鉄, 素材ナイフ, 素材メーカー, 見識, 越前打刃物, 高品位ステンレス鋼


目次を見る

2 Responses to “『刃物の地肌、その偽物氾濫が流行している』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:10 AM on 5月 2nd, 2016

    [...] *11月5日Staff Blog *『刃物の地肌、その偽物氾濫が流行している』 *『 ひとりの親方が逝った・・・ 』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 5月 17th, 2016

    [...] なデザイナーが荷担し 日本刀の正当者から出始めていることです。 *『刃物の地肌、その偽物氾濫が流行している』 *『喧嘩とは、自分に売ることが基本だ』 *『日本が貧乏になって [...]


This entry was posted on 金曜日, 1月 23rd, 2015 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.