kazuo kawasaki's official blog

『描くこと=その神髄を決定づけているペンと紙』




デザイナーになって、最高だったことはスケッチを描くことでした。
それこそ、美大時代から絵のための道具には、
最も神経を使ってきたかもしれません。
今、巡りあったペンは、流石というべきか、
ピニンファリーナのデザインというだけあって抜群の持ち味でした。
おそらく、世界中のペンは人一倍触り、また収集にも必死でした。
「弘法は筆を選ばず」ということの真意に私は近づいている、
この想いを一番にしてきたと思っています。
このペンは、あのダヴィンチ時代に存在していたという、
まさしく鉄ペン=スタイラスそのものです。
したがって、そのノートの紙質も最高であるべきだと思っています。
だから、このペンとノートを超えるモノは存在していないはずです。
そうなれば、どんな絵、スケッチを描いているのかが問題です。
スケッチは2006年に金沢21世紀美術館で初めて展示しました。
私はデザインが終われば、簡単に捨ててしまっていましたから、
金沢での個展時には、えらく叱られましたから、
それ以来は、なるべく残しておこうと考えています。
一度、オークションでも2枚=高価で売れました。
そのこともあって、スケッチはボールペンですが、
このボールペンでは、自分なりにはなんと言っても最高を求めます。
したがって、なぜ、こんなデザインを平気で出来るのかという
そのようなペンも見てきました。
案の上、海外の万年筆やボールペンの批評家たちには、なんとも
情けなくけなされているのですが、デザイナー自身は気づいていません。
最近は、Padでのスケッチを正直に楽々にマスターしました。
そのためにスタイラスそのモノも自作から選別をしてきました。
ところが、このペンに出会ってから、どんなペンであろうが、
スケッチ能力と書道力が一致していることに達しました。
すなわち、「弘法は筆を選ばす」ではなくて、
筆次第で、スケッチも書も、「表現の極致に向かう自分」、
このことに気づいてきたということです。

久々にこのブログが書けました。
このブログを休むと、心配をかけてしまいます。
風邪をこじらせ、しかも体調も崩していましたが元気です。
また、修行のごとくこのブログに連日向かいます。


tag: PAD, オークション, スケッチ, スケッチ能力, スタイラス, ダヴィンチ, ノート, ピニンファリーナ, ブログ, ペン, ボールペン, 万年筆, 収集, 弘法は筆を選ばず, , 書道力, 筆次第, 紙質, , 美大時代, 表現の極致, 道具, 金沢21世紀美術館, 鉄ペン, 高価


目次を見る

2 Responses to “『描くこと=その神髄を決定づけているペンと紙』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:31 AM on 5月 5th, 2016

    [...] *『工業デザイン教育での「手」のトレーニング』 *『描くこと=その神髄を決定づけているペンと紙』 *「プロとして元気の素は鉛筆への作法」 tag: 3ヶ月, iPad, iPhone, Sclive, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:11 AM on 8月 7th, 2017

    [...] *  『現代に蘇った描くペン』 * 『描くこと=その神髄を決定づけているペンと紙』 * 「机上の一本はスケッチ用万年筆」 [...]


This entry was posted on 土曜日, 2月 21st, 2015 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.