kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
  「花綵には、景観論の要因に花鳥風月あり」



私が、「花鳥風月」に心酔していくとは思わなかった。
「花・鳥・風・月」が、日本人デザイナーとして、
本当に真剣に取り組み出したけれども、
まだ、それらを自分のデザインに取り入れてはいない。

しかし、私には独立すぐに、ある連載がありました。
「流行通信」でした。
二回で降ろされました。
MusicとAudioのページをいただいていました。
1980年です。
これを覚えていただいている人がいました。
当時は、赤坂にstudioがありました。
匿名的なデザインで、
かなりのヒット商品を出していました。
Musicもレコード会社から新譜が届き、
AudioはすでにMusic Synthesizerに取り囲まれて、
JBL4343も手に入れていました。
それは今も4回半、チューニングして使っています。
「流行通信」で、「景観論」を書いてしまい、
編集部から、すぐに、連載はストップでした。

091208kachofugetsu
さてこの当時に私は「花鳥風月」に入っていきました。
景観は、「風」と「月」の異変に、
本来の意味があることに辿り着いたのです。
そこから、私は「景気」という言葉と「景観」に、
大きな「花綵の体系」が伝統美学となっていると
確信をしました。

「月」には満ち欠けがあります。
「月食」は、古代にはとても恐怖だったことでしょう。
「風」は、花綵の国には微風から台風まであります。

「景観論」と「景気論」は、
ある連関方程式があると思っています。
それを、「美しい方程式」とすれば、
私のデザイン造形=造形言語は、
「デザイン数理学」の一つになるでしょう。
もし、私がそこまで行き着ければ、
マルクスの「資本論」を絶対に、
「デザイン」という手法で
「モノのデザイン」で超越してみせます。


tag: JBL4343, MusicとAudio, studio, Synthesizer, 「資本主義からの逃走」, チューニング, デザイン, デザイン数理学, デザイン造形, マルクス, レコード, 伝統美学, 古代, 台風, 微風, 心酔, 恐怖, 数理学, 方程式, 景気, 景気論, 景観, 景観論, , 月食, 流行通信, 満ち欠け, 独立, 異変, 美しい方程式, , 花綵, 花綵の体系, 花鳥風月, 資本論, 赤坂, 造形, 造形言語, 連載, 連関方程式, ,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 12月 8th, 2009 at 11:49 PM and is filed under 008「花綵の国」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.