kazuo kawasaki's official blog

『脱原発などありえない、範原発への期待』





福島の原電事故で本当に学ぶべきことを混乱させています。
私は原電のプルトニウム発電は即停止すべきだと考えています。
それはウラン239・ウラン240を発生させたことは学ぶべきことでした。
しかし、核分裂・核融合・核変換を学び直す必要があると思います。
原子力の陽子と中性子の核変換と原子力素材を見直すことです。
科学の力を全うに考えれば、ヘリウム3をどう扱うべきかです。
月面に存在するヘリウム3を中国政府は独占化を狙っています。
中国でまさかプルトニウム原電が70基開発などは、
とても不安どころか危険極まりありません。
反原発、これはプルトニウム原電開発には反対です。
半原発、現状の国内原電を確実な安全と安心工学でしばし利用、
それよりも、中性子衝突技術の進化をもっと科学技術化して、
核変換を行うことで、
放射能の無害化を現実化=範原発することです。
だから、脱原発というのは言語学的にも大間違いであり低能です。
私は反原発と範原発をデザインが有害化の低減を図るという
問題解決を行うべきだと考えています。
理想は、ヘリウム3をまず月面から地球に搬送する技術と、
もう一つは中性子衝突を使用済み核燃料でそのデザイン化です。
そうすれば、中性子の衝突で核分裂が起こります。
モリブデン・ヨウ素はそれぞれの半減期でテクネチウムとキセノン、
そうした核変換の技術指導をデザインしていくことで、
放射能無しのルテニウム・セシウムを人類は入手すると考えます。
そのために、マスコミ報道の安易な記事で惑わされてはダメでしょう。
もっとデザイナーとして、謙虚で賢明な発想によって、
核反応での核融合・核分裂、そして、
特に、核変換へのプロダクトデザインの造形言語化が必要だと
私は範原発を考えています。


『中国の月面着陸ロケットの思惑・範原発を!』


tag: ウラン239, ウラン240, キセノン, セシウム, テクネチウム, プルトニウム発電, ヘリウム3, モリブデン, ヨウ素, ルテニウム, 中国, 中性子, 中性子衝突, 低減, 半原発, 原子力, 原子力素材, 原電事故, 反原発, 問題解決, 安心工学, 放射能, 月面, 有害, 核分裂, 核変換, 核燃料, 核融合, 無害化, 福島, 科学技術, 範原発, 脱原発, 造形言語, 陽子


目次を見る

One Response to “『脱原発などありえない、範原発への期待』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:08 AM on 10月 7th, 2016

    [...] * 『意識して見つめたい「光」を』 * 『脱原発などありえない、範原発への期待』 * 「景観への精神状況がそのままファッションに連鎖している」 [...]


This entry was posted on 月曜日, 3月 9th, 2015 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.