kazuo kawasaki's official blog

『2015年新学期から・コンシリエンスデザイン看医工学!』





大学人になって20年になります。
名古屋市立大学芸術工学部新設時から、私は大学人になりました。
芸術工学研究科博士前期後期課程の完成まで10年をもって、
私は大阪大学大学院の工学研究科に移籍しました。
公立大学から国立大学に変わって、7年で丁度退官になりました。
それから、「危機管理工学プロダクトデザイン寄附講座」で、
液状防止対策や危機管理工学に2年取り組みましたが、
結論は、「危機は管理できない」そのような学域は存在しない、
この結論から「危機解決学」の構築、そのためには、
デザインで文科系と理科系を、さらには、学術と芸術を「学際化」。
この提案をすることに至り、「コンシリエンスデザイン」という
新しい概念の実務を「危機解決学」の構築に向けることにしました。
そして、それを果たすには今度は医学系研究科に転籍して、
「看医工学」=看護学・保健学・医学・工学などの
融合・結合・統合を今学期から博士前期課程への教育と研究、
さらに産学共同プロジェクトで、
コンシリエンスデザイン実務をスタートさせることになりました。
看護理工学会や眼科手術学会やメディカルJAPAN2015で、
すでに、論文や講演をしてきました。
産学共同プロジェクトの対象企業も次第に増えてきました。
その舞台は、大阪大学の吹田キャンパスU4棟が私のスタジオです。
U4棟を私はUFO棟と自称している、おそらくキャンパスでは唯一、
平屋棟であり、阪大に来てから10年目がここからスタートです。
「前例が無い」と言われましたが、なるほど、文理融合だとか、
複合領域とかで「学際化」は叫ばれていますが、実情は皆無でした。
前例が無いから、デザインでその発想転換と変革をやります。
「コンシリエンスデザイン」では、すでに招聘教授もまず、
2名を決定しました。これから、招聘研究員や特別研究員を
充実させていくと同時に、国内外の大学と連携をするつもりです。


tag: U4棟, UFO, コンシリエンスデザイン, メディカルJAPAN2015, 保健, 公立大学, 前例が無い, 前期, 医学, 医学系研究科, 博士, 博士前期課程, 危機, 危機管理工学のプロダクトデザイン寄附講座, 危機解決学, 吹田キャンパス, 国内外, 国立大学, 変革, 大学人, 大阪大学大学院, 学術, 学際化, 実務, 工学, 工学研究科, 後期, 招聘教授, 招聘研究員, 文理融合, 文科系, 特別研究員, 理科系, 産学共同プロジェクト, 皆無, 看医工学, 看護, 看護理工学会, 眼科手術学会, 移籍, 管理, 結合, 統合, 芸術, 芸術工学研究科, 芸術工学部. 名古屋市立大学, 融合, 複合領域, 論文, 講演, 連携


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 4月 1st, 2015 at 12:33 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.