kazuo kawasaki's official blog

『桜の木は植え替えるべき』





私が社会人になって上京した時、桜の花がとても白かった記憶は
今も私の大きな思い出です。その理由が今はとても明快です。
それは、桜の花が東京はともかくソメイヨシノが多過ぎるのです。
最近、学術的にもはっきりしたのは、上野公園から、
ソメイヨシノが全国的になっていったことです。しかし、
これには大問題があるのではないだろうかと、私は思っています。
ソメイヨシノはクローンでした。つまり品種改良での植物でした。
現代は、ソメイヨシノには様々な問題が出てきているようです。
たとえば、60年程度の樹木寿命だとか、植物の病気が多いとか、
私が最も気をつけるべきことは、
桜の木の周辺植物への影響が大き過ぎることです。
そしてこのことについて見過ごしている行政や建築家が多いと思います。
京都の将軍塚での吉岡徳仁氏のガラス茶室を見に行って、
青龍殿の山々にはヤマザクラにこそ、見事なピンク色が鮮やかでした。
桜のクローンは要らないと私は実感しました。
春の桜に季節がソメイヨシノは植え替えるべきではないだろうかと
私は真剣に思っているのです。
ソメイヨシノは桜では無いと思っているほどです。
なぜならヤマザクラこそ桜色でありピンク色こそ桜に花なのです。
春の快晴の空には、桜色こそ本当の桜だと私は思っています。
ソメイヨシノはやはり人工的な桜であるばかりか、
自然を壊している桜だということにそろそろ気づくべきでしょう。
自然環境を護り抜くことがこれから私たちは大切にすべきです。
つまり、桜の花を大事にすることなど不必要です。
大切にしていくのはあるべき自然であり、クローン=品種改良は
結局自然破壊に繫がっているのかもしれません。


tag: ガラス茶室, クローン, ソメイヨシノ, ピンク色, ヤマザクラ, 上京, 上野公園, 京都, 人工的, 吉岡徳仁, 周辺植物, 品種改良, 将軍塚, 建築家, , 桜色, 植物, 樹木寿命, 社会人, 自然, 自然環境, 自然破壊, 行政, 青龍殿


目次を見る

2 Responses to “『桜の木は植え替えるべき』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    8:00 AM on 1月 26th, 2017

    [...] * 『東京老化と地方消滅にデザイン戦略を』 * 『桜の木は植え替えるべき』 * 『ガラスの茶室・吉岡徳仁氏の作品発表に出向く』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 5月 7th, 2017

    [...] す。 「デザインは美しい」を目指す「美しいデザイン」で生きていたい。 * 『桜の木は植え替えるべき』 * 「桜の花のピンク色・阪大吹田キャンパス」 * 『端午の節句だが、 [...]


This entry was posted on 金曜日, 4月 10th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.