kazuo kawasaki's official blog

『手の消毒、そんな時代になっている?』





私は幸いにも花粉症ではありませんが、まさかという人までが
最近はこの病ブームにやられています。
そして、このところみかけるのが、企業、レストラン、ホテル、
もちろん医院や病院の入り口には消毒薬が置かれています。
手を洗うことは、小学生の頃から、かなりしつこく教えられました。
外から帰ってきたらうがいと手洗いは強要されてきたと思います。
しかし、今や強要ではなくもはや義務です。
しかも消毒薬次第で、防ぎきれないノロウィルスなどどころか、
さらに手洗いでも防御不可能なウィルスも登場し始めています。
またさらにこの消毒薬で、手荒れになってしまったりとか、
人間の体質も変わってきています。
私自身、除細動器を体内に埋め込んでから、アレルギー体質です。
しかもやっかいなことに、「甲殻類アレルギー」です。
これは北陸生まれの私にはなんとしてもカニはとなれば、
抗アレルギー薬を飲んででもカニは食べています。
花粉症に対策どころか、地球全体の温暖化、気候変動は、
感染症の増大は人智を超えだしているようですが、
人智を最大限にするためには、私は四つの対策を決めるべきと
それをデザインの問題解決の対象にしています。
● 環境の異変原因へに対策デザイン
● 人間・人類の抵抗力、その対策デザイン
● こうしたことを危機とする基本デザイン
● 危機解決デザインの具体的な解答デザインの制度化
これが、私がめざしている「危機解決デザイン」であり、
こうしたデザイン=問題解決を図ることがコンシリエンスデザイン。
このところ、この四つに具体例を、講演や企業提案をしています。
「コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座」の準備に
走り回っていますが、いたるところで、この消毒セットを見ると
ともかく、自分の役割が明確になってきています。
出張中はどうしてもこのブログ休筆になりますが、元気です!


tag: うがい, アレルギー, アレルギー体質, カニ, コンシリエンスデザイン, コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座, ノロウィルス, ブログ休筆, 人智, 体質, 元気, 入り口, 出張中, 制度, 制度化, 北陸, 危機解決デザイン, 問題解決, 四つの対策, 基本デザイン, 増大, 対策, 対策デザイン, 強要, 感染症, 手洗い, 手荒れ, 抗アレルギー, 気候変動, 消毒セット, 消毒薬, 温暖化, 甲殻類アレルギー, 異変原因, 病ブーム, 細動器, 義務, 花粉症, 解答デザイン, 防御, 防御不可能


目次を見る

One Response to “『手の消毒、そんな時代になっている?』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 4月 23rd, 2016

    [...] *『コンセプトからイノベーションは起こらない』 *『手の消毒、そんな時代になっている?』 *『IoTではなくIoMetというライン手法』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 4月 19th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.