kazuo kawasaki's official blog

『柳宗理の造形言語と形態言語としての製品数理記号論』





2015年5月9日、金沢21美術館にて、
金沢美術工芸大学同窓会と同級生からの指名=使命で、
「柳宗理生誕100年記念」講演を私なりに果たしました。
柳宗理先生の直教え子として、先生の理念・哲学、
そして作品概要を語りました。が、作品概要であり、
その詳説を書き残しておきます。
柳先生の作品、その造形にはデザイン意図=造形言語としての
楕円、私はSORI-OVALがあると名辞しています。
それはデザイン意図であることから、問題解決と発明意図が
日常的言語=パロールとしてのオーバル、SORI-OVALがあります。
一方、そのユーザーは柳宗理の形態言語としてのデザイン内容の
これをSORI-ELLIPSE=ラング=辞書的言語を受け取っているという
エリプスの製品数理記号論を論理化しています。
それは、たとえば、数理造形のアルゴリズムゆえに、
デザイン内容からデザイン意図、つまり、形態言語から造形言語、
SORI-ELLIPSEからSORI-OVALを創りだすことは不可能ということです。
つまり、端的に言ってしまえば、デザイン意図からデザイン内容、
パロールからラングは「生まれる」が、
ラングからパロールは「創り出すこと」は出来ないという、
ずばり、製品は無意識に生まれてくるモノだという論理に一致します。
まさに、黄金比的な常数が、柳宗理のスーパー楕円論があります。
工業デザイン創世期の代表である柳宗理のデザイン美学は、
この製品数理記号論があるということです。
現在、造形理論と形態議論は仮説化しておかなければなりません。
先生の「モノは無意識に生まれてくる」=アンコンシャスビューティは、
確実にこの製品数値記号論で語り伝えていくことができると
私は確信しています。


tag: 2015年5月9日, ORI-ELLIPS, SORI-OVAL, アンコンシャスビューティ, オーバル, デザイン意図, デザイン美学, パロール, モノは無意識に生まれてくる, 仮説化, 作品概要, 使命, 創り出すこと, 同窓会, 同級生, 哲学, 問題解決, 工業デザイン スーパー楕円論, 常数, 形態議論, 指名, 日常的言語, 柳宗理生誕100年記念」, 無意識, 理念, 生まれる, 発明意図, 製品数理記号論, 詳説, 講演, 造形理論, 造形言語, 金沢21美術館, 金沢美術工芸大学, 黄金比


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 5月 11th, 2015 at 1:06 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.