kazuo kawasaki's official blog

12月12日川崎和男のデザイン金言 Kazuo's APHORISM as Design



12月12日 大安(辛卯)


人間と情報とは
インタラクティブでなければならないという
短絡的な発想に
信仰すら抱いているようだ。

インターフェースを考える際に
重要な
プライミング・イフェクト=先行の刺激は
後続する刺激への対応に影響する、
という本来のアプローチを知らないのだろう。



『プラトンのオルゴール』
やさしさのアルゴリズム


tag: アプローチ 川崎和男のデザイン金言, インタラクティブ, インターフェース, プライミング・イフェクト, 人間 情報, 刺激, 発想, 短絡的


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 12月 12th, 2009 at 9:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.