kazuo kawasaki's official blog

『やわらかい美しさのあるノート』





文具の基本は、ノートとペン。
人間のやや大げさに言えば、知的活動の根本ツールは、
ノートとペンに集約されます。
おそらくノートといえば、小学生の頃から大人になっても
知的活動を支える大事なモノです。
しかもこれほど安価であっても、
毎年その進化は目を離すことができません。
今年もいくつかのノミネートされたノート類を触って見て、
私はデザインの要である問題解決を成し遂げて、
なおかつ性能性・効能性・機能性を美しくまとめた商品として、
大手ノートメーカーなればこその解答商品は、
「やわらかいリング」で、
これまでの金属製リングの不満点を全て解決した、
このノートをデザイン部門賞にしました。
審査委員全員が納得できた美しいノートでした。
柔らかいD型リングが、
これまで当たり前だと思っていた金属丸形リングの欠点=問題点を解決し、
提示してもらえたことこそ、デザイン成果に他なりません。
デザイン部門なのか、機能部門なのかといえば、
この商品は当然、
品質やノート性能、存在感では、機能性はマスターしています。
それ以上にこのノートの佇まいには美しさが柔らかく存在しています。
おそらく、
このノートからの進展的な未来がイメージ出来ると判断可能だと、
私は思っています。
そして、このノートの柔らかな美しさに、
どのような鉛筆が、どのようなペンがふさわしいかということこそ、
ユーザーのセンスを決定させると考えます。
つまり、デザイン部門に求められている問題解決には、
この解答商品が、次世代のノート進化、
その想像性を拡大してくれるモノで無ければなりません。
そういう意味では、断トツの商品だったと思います。


tag: D型リング, やわらかいリング, デザイン成果, デザイン部門賞, ドット, ノート, ペン, 不満点, 効能, 問題解決, 安価, 性能, 想像性、ノート進化、次世代、柔らかな美しさ、佇まい, 文具, 断トツ, 機能, 知的活動, 罫線, 解答商品, 金属製リング


目次を見る

2 Responses to “『やわらかい美しさのあるノート』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:13 AM on 7月 9th, 2015

    [...] ・優秀賞 『万年筆で顔料インクがありえるのだ』 『やわらかい美しさのあるノート』 『現代に蘇った描くペン』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:27 AM on 7月 12th, 2016

    [...] *「高級品ということの詳細」 *『やわらかい美しさのあるノート』 *『未来創世を象徴している地場産業産地でのデザイン』 tag: 400字, [...]


This entry was posted on 木曜日, 6月 25th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.