kazuo kawasaki's official blog

『東京老化と地方消滅にデザイン戦略を』





ふるさと福井は人口がとうとう78.5万人という弱小地方になりました。
比して、隣の石川県金沢市は北陸新幹線によって、
観光都市は京都の公家文化と対抗して武家文化の街になっています。
地方が消滅し、東京は老化するとかいう本を読んで、
私はこのような議論で如何にも地方創生とか、
地方復活とか言われると、正直、まず東京での議論そのものが変です。
18歳から都会生活に入り、30から46までを福井で暮らしました。
福井では伝統工芸や地場産業にデザイン導入を様々にトライし、
デザイン効果も上げましたが、この地方産業はやがて駄目になる。
東京の大企業も、ベンチャー企業も必ず駄目になる、
この想像は正直すべて当たってきました。
しかし、私が関与してきた企業や産地は決してデザイン効果をあげる!
これは全て成功してきたと自負しています。
大阪を生活の軸にして、京都・福井・東京が副軸的な活動範囲です。
最近、京都の四条大通りが車線幅改正の工事が開始されていますが、
電動車いすで、この舗装は一時的であってほしいと思いますが、
最も安価なアスファルト舗装では醜さは格別なほど醜態です。
所詮、行政の工事ですからほとんど期待ができません。
私の住居のある谷町4丁目の地下鉄駅のエレベーター駅工事は、
毎月毎月工期完成が延びにのびています。
これが企業活動であるなら許せない事だと思います。
せめて、京都の主要大通りの歩道拡張工事です。
せめて、都市計画に
もっとデザイン戦略が入ってほしいものだと私は願ってしまいます。


tag: アスファルト舗装, エレベーター, エレベーター駅工事, デザイン導入, デザイン戦略, ベンチャー企業, 京都, 人口, 伝統工芸, 公家文化, 北陸新幹線, 四条大通り, 地下鉄駅, 地場産業, 地方創生, 地方復活, 地方産業, 大企業, 工事, 工期完成, 東京, 武家文化, 歩道拡張工事, 福井, 老化, 自負, 行政, 観光都市, 車線幅改正, 都市計画, 醜態, 金沢, 電動車いす, 駄目


目次を見る

2 Responses to “『東京老化と地方消滅にデザイン戦略を』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:23 AM on 4月 29th, 2016

    [...] ー能力がこうした小誌の読者であることの 重大さを書きとどめます。 *『東京老化と地方消滅にデザイン戦略を』 *『アナログの極致=レコード再生のカートリッジ』 *『C.I.デザイ [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:24 AM on 1月 26th, 2017

    [...] 判は書けませんが。 (京都?、だ・か・ら!)と言っておきます。 * 『東京老化と地方消滅にデザイン戦略を』 * 『桜の木は植え替えるべき』 * 『ガラスの茶室・吉岡徳仁氏 [...]


This entry was posted on 火曜日, 7月 7th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.