kazuo kawasaki's official blog

『7.1chTVのセンタースピーカーはこれからエージング』





私がそこまでなぜこだわるのだろうか?と言われます。
少なからず、自宅のオーディオシステムは、
音像と音場にはもうこれ以上でなくてもいいだろうと思っています。
しかし、4KのTVの外部スピーカーシステムは、
あえてコントローラーと7.1chでは、主にはLINNで固めてきました。
しかし、どうしても試してみたいスピーカーシステムは、
JBLのセンタースピーカーと整備万全と保証されたDENONで2chを、
悩みに悩んできましたが、なんとかワイフを説得しました。
JBLセンタースピーカーをやっとこれからセッティングできます。
基本的にはLINNを使うこと自体がありえないと言われていますが、
これは私がこれまで試して、もっと部屋の広さを考えて、
あるシステムなどは、スタッフに使ってもらっています。
このセンタースピーカーは中音部はフルレンジであり、
ツイーターで高音部をまかないますが、できる限り、
フラットな周波数特性とコストパフォーマンスを考えました。
ともかく、「中心の中高音部をちょっとなんとかしたい」と
もう随分言ってきました。
映画館とコンサートフォールもいくつか設定が可能ですが、
私は、2.1chから、5.1chは大阪に来て10年あまり聴いてきました。
しかし、7.1chで本当に私はビックリしました。
なんとこれは通常の映画館やコンサートフォールを超えています。
これまでメーカーのサービスマンの方にもお世話になってきました。
あるとき、あるメーカーのマニアである方から、
「お客さん、多分、ご存じないと思いますが、これよりも一発で
とてもいいメーカーのTVがありますよ」と言われました。
「どこですか?」と聞くと、
「北陸のEIZOという会社ので、もう売られていないのですが、
 FORIS.TV 32インチです」と。
私はすぐに「それはありがとうございます」と言ったら、
「エッ?」
「それ、私のデザインで、音も80Hzなんです」と答えたら、
もっとびっくりされて、「別の部屋にあります」と言うと、
「・・・・」という具合でした。
これから、このセンタースピーカーもエージングをどうすべきかです。


tag: 10年, 2.1ch, 2ch, 32インチ, 4K, 5.1ch, 7.1ch, 80Hz, DENON, EIZO, Foris.TV, JBL, LINN, TV, お世話, こだわる, エージング, オーディオシステム, コストパフォーマンス, コンサートフォール, コントローラー, サービスマン, システム, スタッフ, スピーカーシステム, セッティング, センタースピーカー, ツイーター, デザイン, ビックリ, フラット, フルレンジ, マニア, メーカー, ワイフ, 一発, 万全, 中心, 中音部, 中高音部, 保証, 北陸, 可能, 周波数特性, 基本的, 外部スピーカーシステム, 大阪, 広さ, 整備, 映画館, 自体, 自宅, 設定, 説得, 通常, 部屋, 随分, 音像, 音場, 高音部


目次を見る

One Response to “『7.1chTVのセンタースピーカーはこれからエージング』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:16 AM on 7月 26th, 2016

    [...] * 『IoTは、再度アナログとデジタルの融合が基本』 * 『7.1chTVのセンタースピーカーはこれからエージング』 * 『ゴジラというアンプ思想はアンプジラ2000に継承』 [...]


This entry was posted on 金曜日, 8月 21st, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.