kazuo kawasaki's official blog

『墨汁が護っていてくれた文字=言葉の伝統文化』





小学校1年生でした。書道の筆はやたらに太く、
祖父や父が使っている筆より太くてこれで練習?不思議でした。
そして、明日書道の時間があれば、
母に手伝ってもらい墨をすり、マヨネーズのガラス瓶に入れて、
学校に持っていきました。
書道ではなくて「書」をやりなさいと教わったのは、
禅宗第一道場の吉峰寺の住職からでした。
道がつくのは命をかけるものゆえ書に命をかけることはないとの教えです。
まだ、インクほどの知識はありませんが、今では墨汁が各種一杯あります。
現在は墨をするきっかけに、自分はこれら3種の墨汁を使っています。
簡単に書を書くなら矢立を使っていますが、矢立の筆の軸その長さは、
通常のボールペンと同じ140mm程度ということで、
筆記具の軸長さとの関係に驚きます。
識字率が武士は100%であり一般庶民が江戸後期には45%だったらしく、
このことは日本民族が筆文化、矢立を持ち歩いていた素晴らしい、
書の伝統が現在もひきつがれているということです。
墨汁というのは、実際は、墨をするといういう硯石と硯ですが、
この文化は菜の花から生まれて、菜の花の黄色が黑=墨色になるという
その美しさの見事な反映だと思っています。
自分の墨汁には全くの光沢ある墨色、茶系の墨色、紫系の墨色です。
今では日本のインクは顔料が万年筆に入る時代にまで進化しました。
日本の墨、墨汁は矢立とともに日本のことばを引き立ててきたと賛美します。



* 『毛筆も万年筆も細軸だから可能になる運筆がある』
* 『森羅万象悉紙也』=ペン先メインテナンスの紙
* 『万年筆で顔料インクがありえるのだ』
* 『ブロッター・インクと吸い取り紙の関係』
* 『黒板メーカー・馬印が実現してくれた「価値」』


tag: インク, 万年筆, 伝統文化, 住職, 吉峰寺, , 墨汁, 墨色, 小学校1年生, 庶民, 文字, 日本民族, 書道, 武士, 江戸後期, 矢立, , 硯石, 禅宗, 第一道場, , 筆文化, 紫系, 茶系, 菜の花, 言葉, 識字率, 賛美, , , 顔料, 黄色


目次を見る

One Response to “『墨汁が護っていてくれた文字=言葉の伝統文化』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:20 AM on 2月 5th, 2017

    [...] また時々この書の経過はここで発表しようと考えています。 * 『墨汁が護っていてくれた文字=言葉の伝統文化』 * 『黒板メーカー・馬印が実現してくれた「価値」』 *  [...]


This entry was posted on 火曜日, 8月 30th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.