kazuo kawasaki's official blog

1月12日川崎和男のデザイン金言 Kazuo's APHORISM as Design



1月12日 友引(壬戌)


「デザインを決定」するという、
デザイナーにとって
最終決断を迫られる状況が常にある。

その時、
民主主義的な自由さとか平等などを
無視したデザイン手法の方が、
理想を追求していく
デザインの効用としては
確実だと確信している。



『プラトンのオルゴール』
デザイン・対・民主主義


tag: デザイナー, デザイン 決定, デザイン手法, 効用, 川崎和男のデザイン金言, 平等, 最終決断 状況, 民主主義, 無視, 理想, 確信, 確実, 自由, 追求


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 1月 12th, 2010 at 6:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.