kazuo kawasaki's official blog

『米軍の北朝鮮侵攻はわが国の問題である』





北朝鮮に米軍が戦闘の布陣を引いています。
私は日本国家最大の問題は「拉致被害者を取り戻す」こと、
と考えているだけに、とうとう北朝鮮包囲が始まったことは
書き連ねることがありすぎます。
ところが、日本のマスコミは北朝鮮と韓国の問題であり、
米国がレッドラインとしての攻撃開始しか報道皆無です。
少なからず、重大なことは三つ日本にあります。
まず北朝鮮のミサイル発射のターゲットは日本なのだろうか?
北朝鮮の秘密工作員は必ず在日米軍を攻撃するのだろうか?
韓国からの難民が九州に上陸してくるシュミレーションは?
こうした日本防衛が全く見えてこないことです。
4.27に北朝鮮への米軍侵攻は間違いなく起こるでしょうか?
これほどまでに狂気の国である北朝鮮と、
約束を平然と反故に出来る韓国との関係では、
書き連ねたいことが山ほどありますが、
「防衛より攻撃」と考える私はここまでにしておきます。
北朝鮮での戦闘があれば、日本人被害者は48万人とか。
私もその一部かもしれません。
安寧であった日本国家の防衛が最大問題なのです。



* 「テロという名の殺戮に怒りを込めて」
* 「同胞を救出せよ=わが国の最大的政治問題である」
* 「海底資源探査船というわが国の技術は防衛されるべきだ」
* 「専守防衛が鉄則ゆえに護身効果大の手法あり」
* 『米国は壊れてしまっているその追随国家観を捨てよ』


tag: 4.27, 48万, ターゲット, マスコミ, ミサイル発射, レッドライン, 北朝鮮, 北朝鮮包囲, 在日米軍, 報道, 報道皆無, 安寧, 布陣, 戦闘, 拉致, 拉致被害者, 攻撃, 攻撃開始, 日本国家, 日本防衛, 最大の問題, 最大問題, 秘密工作員, 米軍, 米軍侵攻, 防衛より攻撃, 難民, 韓国


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 4月 13th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.