kazuo kawasaki's official blog

06月07日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



06月07日 先負(庚午)

商品を通じて、
提案者自身の人格や人生、生き様について
非常に深い関心を持つのである。
「その人の特徴と特長が、
商品と重なっている」ことを発見したいのだ。

そう考えると、
アイディアを述べる自分という存在は、
一種の媒体ということになる。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


tag: アイディア, 一種, 人格, 人生, 商品, 媒介, 存在, 川崎和男のデザイン金言, 提案者, 深い, 特徴, 特長, 生き様, 発見, 考える, 自分, 述べる, 通じて, 関心, 非常


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 6月 7th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.