kazuo kawasaki's official blog

06月18日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



06月18日 先負(辛巳)

通常プレゼンテーションは、
見ず知らずの人に対して行うことも多い。

そんなとき、限られた短い時間のなかで、
相手の心からの共感を得て、
自分の夢に賛同してもらうためには、
やはり自分自身が
どれだけ相手に信頼感を与えられるのか、
ということが決め手になる。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


tag: プレゼンテーション, 与える, , 信頼感, 共感, , 対して, 川崎和男のデザイン金言, , 時間, 決め手, 相手, 短い, 自分, 自身, 行う, 見ず知らず, 賛同, 通常, 限られた


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 6月 18th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.


  • Link

       kazuokawasaki.jp
       PKD
       OUZAK Design