kazuo kawasaki's official blog

06月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



06月23日 友引(丙戌)

人間は誰しも、怒られることや、
ばかにされることは大嫌いなものだ。

人はいつだって、尊敬されたいし、
一人でも多くの人に
愛されることを願っている。

しかし、プレゼンテーションにおいて、
そうした評価や評判を、
決して、望んではいけない。
ほめる人がいれば、
必ず、けなす人がいる、
ということを忘れてはいけない。



『プレゼンテーションの極意』タブーの逆説「いい加減」なプレゼンの「良い加減」づくり


tag: けなす, ばか, ほめる, わすれてはいけない, プレゼンテーション, 一人, , 人間, 多く, 大嫌い, 尊敬, 川崎和男のデザイン金言, 怒られる, 愛される, 決して, 評価, 評判, , 願う


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 6月 23rd, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.