kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
 「LISAからiPadはφ=MECCへ」



LISA to iPad

LISAというコンピューターが登場。
やがて、私の側にMacintosh 128kで、以来、
コンピューターはMac以外は認めてきませんでした。
ただ、UNIXでのEWSの世界で、
「光造形システム」=Rapid Prototypingを追いかけ、
トポロジー空間論から人工臓器デザインをしています。
Macの世界はApple社という新たな企業存在でした。
そして私も、スカリー会長時代、アラン・ケイ氏にも
自分のデザインがApple社プロジェクトになって、
様々な議論をした経験が、大きな生涯の思い出です。

Apple Consultant

Mind TopPopeyeSweatpeaJeepBrutus,etc
が当時のコードネームでした。実現はしませんでした。
が、デザインのモックアップモデルは手元にあります。
パソコンをツールとしながらも、
私には「デザイン対象」そのものです。
パソコンは、「クラウド型」となることは確実です。
「スマートフォン」と「ネットワークコンピュータ」
この形式がiPadに進化しました。
おそらく、この中のコンテンツも、想像以上に、
驚愕の進化を遂げるかもしれません。
また、iPadは、ユーザーそれぞれの使用用途での
エンハンスメントも、新しい才能によって、
拡大化と集約化し、その相互性でさらに革新が
希望になってくれれば、
現代までの様々な問題解決につながると、
私は確信しているのです。
キーワードは、
物質=Material
エネルギー=Energy
情報=Contents & Context

φ=MECC

だと宣言しておきます。


tag: 128k, apple, Apple Consultant, Brutus, Contents, Context, Energy, EWS, iPad, Jeep, LISA, mac, Macintosh, Material, MECC, Mind Top Popeye, Optimization, Rapid Prototyping, Sweatpee, UNIX, φ, 「資本主義からの逃走」, アラン・ケイ, エネルギー, エンハンスメント, クラウド, コンテンツ, コードネーム, スカリー, スマートフォン, デザイン, デザイン対象, トポロジー空間論, ネットワークコンピュータ, パソコン, モックアップモデル, 人工臓器, 光造形システム, 問題解決, 宣言, 希望, 情報, 才能, 拡大化, 物質, 相互性, 集約化, 革新


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 2月 4th, 2010 at 9:37 AM and is filed under 010「AtomとBIt」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.