kazuo kawasaki's official blog

『白印と朱印の落款を押すこと、2018の書に』





私が東京で独立後、身体を壊してふるさと福井に戻ったのは、
昭和56年の豪雪でした。
まだ30歳であり、ふるさと福井から再度のスタートでした。
その時、私は手紙を筆で雁皮紙に書いていました。
仕事など何にも無いふるさとで、春になるのを待ちながら。
そんなときに、福井県庁で小松芳香教授とお目にかかり、
「金沢美大で工業デザインを学びました、
今後、伝統工芸をデザインしたいんです」と伝えました。
教授は、「君は古今和歌集と新古今和歌集を読んだかね」、
「いいかい、漆はこうなるんだ・・・」とかそんな話を延々と聞きました。
その時の会話で朱印と白印についても話題がおよびました。
私は学生の頃、主任教授であった米田教授の手伝いで自宅に伺い、
先生の描いた色紙に落款を押していました。
この落款を押す作業から多くのことを学んでいたのです。
私はそんな色んな思い出もあり、何度か落款を手に入れています。
中国での、ラピスラズリでの白印と朱印の落款はとりわけお気に入りです。
そして、今も手紙は筆で奉書紙に書くことも多く、
署名の終わりには
白印と朱印を押して締めくくります。
私の没後には、絶対に高額になると言えば、ワイフに笑われます。


tag: 30歳, ふるさと, スタート, ラピスラズリ, ワイフ, 中国, 主任教授, 伝統工芸, 作業, 再度, 古今和歌集, 奉書紙, 小松芳香教授, 工業デザイン, 手伝い, 手紙, 新古今和歌集, , 昭和56年, 朱印, 東京, 没後, , 独立, 白印, 福井, 福井県庁, , 米田教授, 署名, 自宅, 色紙, 落款, 話題, 豪雪, 身体, 金沢美大, 雁皮紙, 高額


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 12月 28th, 2018 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.