kazuo kawasaki's official blog

『ミキサーとグラフィックイコザイラーで周波数領域』





最近の商品には、この周波数領域の説明がありません。
私にしてみれば、周波数の20Hz~20kHzがないと
どこかに不安を感じます。
これは私が前回ブログで書いていたAurex SS-320の周波数です。
私がデザインしたAurexの最高製品だったと思います。
528Hzは特別な周波数として、ヒーリング効果、
DNAの修復あるいは熟睡を促すということが発見されています。
また440Hz=A音は、
ギター、ピアノなどの 一般的な調律の国際標準ピッチです。
この周波数をもって、自分の再生音は
16chのミキサーを8chオープンデッキで使いこなしていました。
ミキサーはプリアンプになります。
これはビクターのグラフィックイコライザーを使えば、
スピーカーシステムの音を自由に変えることができるのです。
そして、私は最高の音源を求め、
スタジオでおさめた音に対して「再生音」という言葉は
相応しくないから「レコード演奏」と思っています。
これこそ、故・菅野沖彦先生のことばです。
1970年頃には、ビクターのSX-3が大ヒットでした。
これが、コンポーネントの始めだったと思います。
私はKORGのシンセサイザーで作曲をし、
16chのミキサーで8chから、
さらにグラフィックイコザイラーで4chに落としました。
これが、私の周波数に自由に変化を与えていました。
音大ではなくて、美大出身だからこそ、
周波数特性グラフにはまり、現代の私の作曲をしました。
私のオーディオデザインにも
それが大きく反映したのだと思います。


tag: 16ch, 1970年, 20Hz~20kHz, 440Hz, 528Hz, 8ch, Aurex, A音, DNA, SS-320, SX-3, オーディオデザイン, オープンデッキ, ギター, グラフ, グラフィックイコライザー, コンポーネント, スタジオ, スピーカーシステム, ヒーリング効果, ビクター, ピアノ, プリアンプ, ミキサー, レコード演奏, 不安, 作曲, 促す, 修復, 再生音, 出身, 反映, 周波数領域, 商品, 国際標準ピッチ, 最高製品, 熟睡, 美大, 菅野沖彦, , 音大, 音源, 4ch


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 1月 28th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.