kazuo kawasaki's official blog

『春日大社で最も古い太刀が見つかったことは徴である』





春日大社で、特別展が開催され名刀が一堂に公開されています。
大社と言えば、大きな神社のことと言われます。
神社、神宮、大社、天満宮、八幡宮、稲荷と格式と違いがあります。
日本には、仏教と神道がありますが、私はこれらのモノとコトを、
単にいわゆる宗教と言い切ってません。
768年に建立された春日大社には、神道である、天皇制よりも
日本国家という国づくりの瞑想的な逸話があります。
春日大社の宝庫で昭和14年に発見された太刀が、およそ80年経って、
研磨され日本刀の原型が成立した平安時代末期、
国内最古級の日本刀だと昨年明らかになったのです。
「古伯耆物(こほうきもの)」と呼ばれます。
太刀と刀剣では、身に付ける方法が変わります。
平安京の頃の太刀とは、刀としてもどこまで丈夫であったのだろうか。
刀剣といえば鎌倉時代よりも、
それこそ神具としての太刀があったということです。
日本人としての倫理性=武力具ではないことが、確かめられるのです。
春日大社のある奈良、大和国は
山城国、備前国とともに刀剣の産地でもありました。
神具である太刀には、神社の瑪瑙、鏡、そして刀があるのです。


tag: 768年, 丈夫, 仏教, 倫理性, 備前国, 八幡宮, 公開, , 古伯耆物, 名刀, 国づくり, 国内最古級, 大和国, 大社, 天満宮, 天皇制, 太刀, 奈良, 宗教, 山城国, 平安時代末期, 日本刀, 日本国家, 春日大社, 格式, 武力具, 特別展, 瑪瑙, 産地, 神具, 神宮, 神社, 神道, 稲荷, 逸話,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 2月 13th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.