kazuo kawasaki's official blog

『もう一度、とっても会いたい菅野沖彦先生』





昨年、10月13日にダンディズムとしてのオーディオ評論家、
その道を極められた菅野沖彦先生があの世に逝かれてしまったのです。
私は好き嫌いがはっきりとしています。
たくさんの評論家の中でも特に先生に傾倒していました。
東芝時代、若手のデザイナーとして私のデザインを、自社の営業より
評価、理解していただいた先生の期待に応えたいと通っていました。
オーディオ評論家という枠を超えて、
パイプ、西洋人形などの世界観を教えてもらいました。
菅野先生が提唱された「レコード演奏家」は必ず残っていくでしょう。
コンピューター雑誌に私は連載を2つ持っていました。
あるときに、新進のスピーカー企業に行きました。
前日には菅野先生からもアイディアをもらったことを聞き、
「S先生」とエッセイで、菅野先生との東芝時代の想い出を書いたところ、
「S先生」とは菅野先生のことではないかと、オーディオ雑誌の編集者、
M氏が、交通事故と東芝退社で、途切れていたご縁をつないでくれました。
先生の自宅にお邪魔しました。
懐かしい空間と、選び抜かれたオーディオから、
音響を何十年かぶりに体感しました。
ワイフは、息が出来ないという音質を感じ取りました。
そして、先生から、「レコード演奏家」として、
私を取り上げていただくことになりやはり部屋を改装し準備しました。
今では、この程度で?と、
残念なオーディオでありビジュアルの評論家が多いのです。
東芝時代には、まずは先生に試作を持っていき
なかなか通らない私のデザインを
東芝の偉いさんに先生から説得してもらいました。
無神論者である私ですが、
先生とこちらで再度会いたいと思っています。

先生との対談


tag: S先生, お邪魔, その道, アイディア, エッセイ, オーディオ, オーディオ評論家, オーディオ雑誌, コンピューター雑誌, スピーカー企業, ダンディズム, パイプ, ビジュアル, レコード演奏家, 世界観, 交通事故, 会いたい, 体感, 何十年, 偉いさん, 傾倒, 再度, 前日, 営業, 好き嫌い, , 懐かしい, 提唱, 改装, 新進, 期待, 東芝時代, 東芝退社, , 準備, 無神論者, 理解, 程度, 編集者, , 自宅, 菅野沖彦, 西洋人形, 評価, 評論家, 試作, 説得, 途切れ, 選び抜かれた, 部屋, 音質, 音響


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 3月 27th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.