kazuo kawasaki's official blog

『89式小銃での革新には「戦争」の匂いがしている』





すでに「戦争」の匂いがしています。
革新=INNVATIONが漂っています。
それが89式5.56mm小銃は国際的にもいわゆるカービンとして、
最高級に入っていますが、
18世紀からの技術仕様が連続しています。
5.45mmのアサルト銃となり、
もちろん自衛隊、海上保安庁、警察の特殊部隊も使っています。
この小銃は、NATO軍の弾薬も使えるようになっています。
私は、「絶対に人を殺さない」銃から小銃を目指していました。
失神する銃、警察官の乗り物、次世代のKOBANなどを、
警察大学校で講演した時には、喝采を受けました。
「革新」とは、原意として「皮に、刃物を入れる」ことですが、
銃の革新、レーザー光線仕様の銃などこそ、実現化を望んでいます。
歴史的には、戦争で奪われた領土は、戦争でしか奪い返せません。
こうした専守防衛のわが国ですが、国民の人命と財産とを守ることは、
未だにこの技術は「戦争」、さらに「テロ防具」という
民主主義とともにあり、それこそ革新が必要でしょう。


tag: 18世紀, 5.56mm, 89式, INNVATION, KOBAN, NATO軍, アサルト銃, カービン, テロ防具, レーザー光線, 乗り物, 人命, 仕様, 刃物, 匂い, 喝采, 国際的, 失神, 奪い, 奪われた, 守る, 実現化, 専守防衛, 小銃, 弾薬, 必要, 戦争, 技術仕様, 最高級, 民主主義, 海上保安庁, 特殊部隊, , 自衛隊, 講演, 警察, 警察大学校, 財産, 連続, 革新, 領土


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 4月 1st, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.