kazuo kawasaki's official blog

『ディフューザーは音響の実は要だと思っている』





ディフューザー=Diffuserにはとっても興味があります。
と言っても、私の指すディフューザーには興味が無いと思います。
ほとんどの人は「何?」と聞かれます。
ディフューザーと言えば、
今では空気の清浄あるいはアロマに使われています。
正確に言えば、硫気である気体・液体のエネルギー運動を、
特に音速の場合は、まず狭くしてして
それが広くなる流路を作るためのモノなのです。
音響機器のスピーカーには、
背面の音圧を効果的に拡散させる事が出来、
これが役立つことが多いのです。
さすがに、これを駆使した設計を、
評価や理解することは音響評論家でも難しいと思います。
これはJBL4343 のモノですが、
EIZOで片側400ccの最小容量のスピーカーユニットで
最高の音響を可能にするために使ったことがあります。
まず、これだけのユニットでという難題だったのですが、
当時のBOSEその社長に話を聞いたことや、
JBL4343での体験があったので、実現可能でした。
これが「ナビエ・ストークス方程式」の、
一つの答えなのかも知れません。


tag: 400cc, BOSE, Diffuser, JBL4343, アロマ, エネルギー運動, スピーカー, スピーカーユニット, ディフューザー, ナビエ・ストークス方程式, ユニット, 体験, 可能, 実現可能, 役立つ, 拡散, 最小容量, 最高, 気体, 液体, 清浄, 狭く, 理解, 硫気, 社長, 空気, , 背面, 興味, 評価, 難しい, 難題, 音圧, 音速, 音響機器, 音響評論家, 駆使


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 4月 12th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.