kazuo kawasaki's official blog

『「聖火トーチ」はデザインで日本技術を発揮した炎と光』





「聖火トーチ」は、日本としての新しい製造工程、
新技術が求められました。
オリンピックに関わるマークはじめビジュアルデザイン、
競技場やトーチとデザインの力が戦後復興の
前回の東京オリンピックで発揮されたように、
今回の災害復興、五輪再興の力となるよう
デザイナーの一人として望んでいました。
「3.11での被災者」・「仮設住宅のアルミ」を再利用し、
インゴットにした押し出し成型から生まれる
桜のトーチが日本列島を縦断し、
その炎から光、同様に心をひとつにしてくれるでしょう。
デザイナーが望んだ花びらの「炎」を
ひとつの「光」変えるという難題に
向かってくれたのはたった1社の企業だったことを知りました。
デザイナーの細かな要望に、トーチ筐体の押出し成形に
挑んだメーカー担当者が果敢に応える姿がありました。
日本の希望の炎、その光のモノづくりに携わる人たちの、
約5年間にわたる精励恪勤なその成果が集結しています。
「炎と光」、技術提案の演出は彼の提案だけでしたので、
彼、一人が「センス」あるデザイナーでした。
聖火トーチは、その造形美、性能美、機能美だけでなく、
ランナーとともにつなぐ炎が光だけでした。
トーチキスの瞬間そして聖火台に向かうフィナーレと
その光で世界中にオリンピズム高鳴る熱狂を
届けてくれると、「新技術」に期待しています。
応募者たちの「デザイン知識」に愕然でした。


tag: 1社, 3.11, アルミ, インゴット, オリンピズム, オリンピック, センス, デザイン知識, トーチキス, フィナーレ, ランナー, 五輪, 仮設住宅, , 再利用, 再興, , 応募者, 性能美, 恪勤, 愕然, 戦後復興, 技術提案, 押し出し成型, 担当者, 新技術, 日本列島, 期待, 東京オリンピック, 果敢, 機能美, 災害復興, , 熱狂, 瞬間, 筐体, 精励, 縦断, 聖火トーチ, 聖火台, 花びら, 被災者, 製造工程, 要望, 造形美, 難題


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 5月 9th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.