kazuo kawasaki's official blog

『ホエーブスに自炊は頼っていました』





この季節になれば、ついつい山の道具が気になります。
高校まで山岳部に所属して、この時期は夏合宿でした。
本当に山の道具の進歩は目まぐるしいです。
大学時代は空手部を途中で辞めて、
出来たばっかりの山岳部でかなりの時間を山に注いでいました。
懐かしの登山道具、オーストリア製のストーブです。
一気に大学時代の思い出が広がります。
今も昔も、炎の色は変わっていませんが、
今主流のカートリッジ式ではなく、
灯油やガソリン式の重たいストーブでした。それに加え、
米と燃料を常備し、登頂時にはキスリングを持ち上げました。
美大の学生達、東京藝大・京都市芸と金沢美大みんなが、
夏の剣岳にいました。
そして、ホエーブスで煮炊きをやって山合宿を過ごしました。
私の料理経験は、このホエーブスでの山の料理、
そして浪人時代はコッヘルで自炊をしていました。
「なぜ山に登るのか」ですが、
それほどまでに心身ともに極限の状態を過ごした日々が
私を鍛えてくれたことは確かです。
懐かしい思い出です。

キスリング


tag: オーストリア製, カートリッジ式, ガソリン式, キスリング, コッヘル, ストーブ, ホエーブス, 京都市芸, 剣岳, 夏合宿, 大学時代, 季節, , 山岳部, 常備, 思い出, 懐かしい, 料理, 時期, 東京藝大, 極限, 灯油, , 煮炊き, 燃料, 状態, 登山道具, 目まぐる, 空手部, , 美大, 自炊, , 道具, 金沢美大, 高校


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 8月 6th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.