kazuo kawasaki's official blog

『とても高額だから素材・仕上げ・使用と利用が出来る』





先般の「商品発表会」に、作家・政治家 田中康夫氏が来場してくれました。
その時に、様々な著作類をいただきました。
それで、私はブランドを知ったきっかけを思いだしたのです。
『33年後のなんとなく、クリスタル』は一躍、
旋風を巻き起こした『なんとなく、クリスタル』の続編。
『もとクリ』と『いまクリ』としてコメントや評価を受けるらしいのです。
『もとクリ』の頃、1980年代には、私は、福井を拠点として、
東京での定宿は東京プリンスホテルで、泊まる、会議、面談、食事会と
滞在中はホテルの中を転々とする出張を
20年余り続けていた頃がありました。
その地下には、ファッションのフロア、
西武PISAのとってもラグジュアリーな店舗ばかりでした。
ある時、Tシャツを買いにいきました。
3000円だと思って支払いをしたら、
実際は3万円で、とてもビックリしました。
それがランバン、ミッソーニやマーロ、それからエルメスでした。
一流品の余りの高額さで驚嘆しながらも、
素材や仕上げ、そして商品力を学びました。
そのエルメスの店員さんとは同い年で、
「絶対にこれは借金してでも買いなさい」とか、
「これはもう出ないから」と薦められました。
銀座、丸の内と店舗を移動されてもお付き合いは続き、
今は定年をむかえられましたが今も付き合っています。
そのおかげで、
生地、素材、ついつい最高のモノから手に取ってしまうのです。


tag: 1980年代, 20年余り, 3000円, 33年後, 3万円, Tシャツ, いまクリ, お付き合い, きっかけ, なんとなく, もとクリ, エルメス, クリスタル, コメント, ビックリ, ファッション, フロア, ブランド, ホテル, マーロ, ミッソーニ, ラグジュアリー, ランバン, 一流品, 丸の内, 仕上げ, 会議, 作家, 借金, 出ない, 出張, 受ける, 商品力, 商品発表会, 地下, 学び, 定宿, 定年, 店員, 店舗, 拠点, 支払い, 政治家, 旋風, 最高, 来場, 東京, 東京プリンスホテル, 泊まる, 滞在中, 生地, 田中康夫, 福井, 移動, 素材, 続編, 著作類, 西武PISA, 評価, 転々, 銀座, 面談, 食事会, 驚嘆, 高額


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 11月 8th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.