kazuo kawasaki's official blog

『「白鷺会」に入門は橋本左内ゆえに』





私は小学校時代は福井市と越前市(現・武生市)に転校しています。
その時代、越前市の学校の校門近くには、二宮金次郎像がありました。
勤勉と倹約、「積小為大」は子どもの模範としての姿だったのでしょう。
今や歩きスマホにつながるとか、
労働が虐待だとか銅像を見かけなくなりました。一方福井市では、
橋本左内先生を教わりはじめ、左内が16歳の時書いた
『啓発録』から中学校2年生で「立志式」を実施しています。
そしてかく言う私も、大阪大学に移籍した思いの中には、
左内の学んだ「適塾」が阪大の前身だというゆかりを感じていました。
適塾創設175周年のシンポジウム「医の知の未来へ」では
「適塾橋本左内と先端デザイン学」と題した講演をしましたし、
名誉教授として退官後も、適塾記念センター適塾記念会の会員となり、
橋本左内に関しては、講演や文章でその思想や哲学、功績を広めたいと願っています。
橋本左内が16歳で書いたと言われる「啓発録」には、
・ 「去知新」
・ 「振気」
・ 「立志」
・ 「勉学」
・ 「釈交友」があります。
今では福井市の小中学校では彼の「啓発録」を学び
「私の啓発録」という作文を書きます。
そして、大阪大学適塾記念センター(自宅の近辺)では
適塾関連の多くの文化財を保存していますが、
橋本左内生誕185年のテレビ放送で知った「白鷺会」がありました。
早速、これにも会員登録しました。
左内を語る時、福井出身の阪大に関わる偉人、
橋本左内、藤野恒三郎、そしてオチとして私で講演は締めくくっています。
「啓発録」を今でも読んでいます。


tag: 175周年, ゆかり, シンポジウム, スマホ, 二宮金次郎像, 会員, 会員登録, 倹約, 偉人, 先端デザイン学, 前身, 功績, 労働, 勉学, 勤勉, 医の知の未来へ, 去知新, 名誉教授, 哲学, 啓発録, 大阪大学, 小中学校, 小学校時代, 左内, 思い, 思想, 振気, 文化財, 文章, 校門, 模範, 橋本左内, 武生市, 白鷺会, 福井出身, 福井市, 移籍, 積小為大, 立志, 立志式, 藤野恒三郎, 虐待, 講演, 越前市, 転校, 適塾, 適塾創設, 適塾橋本左内, 適塾記念センター, 適塾記念会, 適塾関連, 釈交友, 銅像, 阪大, 16歳


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 11月 20th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.