kazuo kawasaki's official blog

『嵐を呼ぶ園児「クレヨンしんちゃん」限定で京都だった』





京都にいたワイフから電話。
「駅にクレヨンしんちゃんがあるけど・・・」
オススメの写真もついてきました。
ともかく、Tシャツとできれば、シューズがほしい、返しました。
東京駅の「クレヨンしんちゃん」が出来て以来、
オフィシャルショップにも立ち寄ります。が、
今、京都駅に期間限定ショップがあるというのです。
以前、週刊誌にクレヨンしんちゃん擁護論を
PTAの連中向けに書いたことがありました。
今やアンパンマンのアンパンチが暴力的と問われる時代、
その世界観を表現するのには、何かと制限と配慮がつきまといます。
時々、TVで一人っきりで観ます。
使われる言葉は、親の立場になれば、
こども達に見せたくないアニメ筆頭でした。
子供の時って、それがとても私は有効と考えていました。
そういった経緯があり、
『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』の映画パンフレットに
コメントも掲載されています。
以来、クレヨンしんちゃんファンの私です。
最も原作者の白井儀人氏が亡くなってから、
こういうアクセサリーも含めて原作者が望んでいたものなのか、
違うモノがあったのかもと私は思っています。
冬の重めのコーディネートに白のスニーカーで抜け感を、
近くで見たらクレヨンしんちゃんと私です。


tag: PTA, Tシャツ, アクセサリー, アニメ筆頭, アンパンチ, アンパンマン, オフィシャルショップ, クレヨンしんちゃん, コメント, コーディネート, シューズ, ショップ, ワイフ, 世界観, 京都, 写真, 制限, 原作者, 問われる, 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード, 抜け感, 擁護論, 映画パンフレット, 暴力的, 有効, 期間限定, 東京駅, 白井儀人, 経緯, 見せたくない番組, 親の立場, 週刊誌, 配慮, 電話


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 11月 28th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.