kazuo kawasaki's official blog

『「摩訶般若波羅密多心経」しばらくぶりでした』





「摩訶般若波羅密多心経」を久しぶりに書きました。
たった278文字です。
これは3月に70歳で亡くなった妻の叔父を供養するためでした。
成仏、天国へ行くまでの不安定な御霊が道に
迷わないようご加護をお願いします。
これまでで供養のためには5枚書いたことがありますが、
この出来にはおそらく父からは怒られていたでしょう。
本当に毎日練習をしたら、もっと出来上がっていたでしょう。
私は正直、あの世は無いと思っていますが、
幽体離脱を経験したり、ある場所で落ち武者に遭遇したり、
ICUで重篤中には祖父と会話して「もう来るか」と
手が伸びてきて「駄目よ!」と
母の声で静止されたといったこともありました。
それでも、夢想でしかないと思っていますが、わかりません。
義理の叔父の最期は心臓が止まり、
それでも家族が呼びかける度に脈を打つ状態を3度も繰り返し
4回目には「もういいよ!」とみんなで笑って納得したそうです。
私は文字を書いた後、必ず色鉛筆で、直線を入れ込みます。
そして般若心経を書いたことで、
自分の心を整えることができました。




* 『美しい運筆を体現すれば美しさがわかりそうだ』



tag: 278文字, 4回目, 70歳, ICU, あの世, もういいよ, もう来るか, 不安定, 加護, 叔父, 天国, , 家族, 幽体離脱, 御霊, , 心臓, 成仏, 手が伸び, 摩訶般若波羅密多心経, 文字, 最期, , 母の声, 毎日, 直線, 祖父, 笑って, 納得, 経験, 練習, 義理, 色鉛筆, 落ち武者, 迷わないよう, , 遭遇, 重篤中, 静止, 駄目よ


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 4月 5th, 2020 at 6:33 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.