kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「製品要素としての新素材開発で性能性を高度化する」



新素材開発
「新素材開発」、これはデザイナーにとって、
いや、私にとっては最も興奮するテーマです。
ところが、デザイナーが「素材開発」に参画するため、
素材への科学的、特に化学的な知識へ近づくことは、
ほとんど不可能だと言ってもいいでしょう。
したがって、それこそ無知識なままに、
頼るのは、こんな素材だったら、こんな形態や、性能で、
どれほどのことが可能になるかを感覚、野生、野性という
ほとんど直感を働かせるだけです。
原始的には、軽い・薄い・頑丈とかから始めます。
やがてどの程度という度・量・衡の世界観を提示します。
そして、それを実現してくれるエンジニアに出会うと、
もうそれは神様です。
神様が与えてくれた贈り物です。
M
MaterialはMotherやMedicineやMusicなどと
共通の「M」という文字を持っています。
母や海=生むや振動を表すヒエログラフ=象形文字です。
だから素材=Materialからのデザイン発想は重要です。
素材は製品要素として「性能性」そのものの母体です。
私のデザイン手続きには、常に、第一段階が素材開発、
無理なら、素材選択と素材選別が最重要課題です。
ところが、これまでのようには新素材、
とりわけ、化学的な合成で産まれた素材は、
「常に懸念はないか?」という問題意識が不可欠です。
環境ホルモンの問題、
エコロジーの問題、
リサイクル性の有無や
廃棄後の安全性と安心性をどこまでも想像力で、
「おもいやる」必要性があります。
佇んで考え込みながらも、やはり、新素材の開発は、
デザイナーにとって、わくわくするテーマです。
2000層のフィルムで、現状素材の様々なテクスチャを再現、
しかも、静電タッチから荷重センサー、圧電素子、
さらに、化学的にはまだまだ困難なボロンまでが、
今、私の野生を突き動かしています。


tag: 2000層のフィルム, coolleaf発表会, M, Medicine, Mother, Music, おもいやる, エコロジー, エンジニア, デザイナー, ヒエログラフ, ボロン, リサイクル性, 原始的, 問題意識, 圧電素子, 安全性, 安心性, , 廃棄後, 形態、性能, 必要性, 想像力, 感覚, 懸念, 振動, 新素材開発, 有無, 母体, 無知識, 環境ホルモン, 直感, 知識, 神様, 素材選別, 素材選択, 素材開発, 興奮, 荷重センサー, 薄い, , 象形文字, 資本主義からの逃走, 軽い, 野性, 野生, , 金属レス, 静電タッチ, 頑丈


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
「製品要素としての新素材開発で性能性を高度化する」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:35 AM on 11月 25th, 2014

    [...] 「現在使用のバッテリーパック・・・携帯電力を再考」 「製品要素としての新素材開発で性能性を高度化する」 tag: M, Marine, Materia, Mother, UMI, UMU, イオン化傾向, オーディオ, [...]


This entry was posted on 月曜日, 3月 1st, 2010 at 10:00 AM and is filed under 014「製品開発」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.