kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「 Media Integrationに向かってきた系譜・2 」



Multimedia & Art Festival 1992
「マルチメディア」と喧伝されていた時期は長かったと思います。
1990年代であり、ちょうど「バブル時代真っ盛り」でした。
私は東京の「変な浮かれ様子」を北陸・福井から、
極めて冷静に眺めることができたのです。
東京からはいっぱい展覧会や仕事も殺到して舞い込んできましたが、
私の直感は、「これは変!、おかしい」と思ったので、
断れるものはすべて断っていました。
今になると、この判断は正しかったと思います。
当時、マスコミの寵児と言われたスター達は、
名前も思い出すことができません。
デザインに関わったコンサルタントとかコーディネーターは、
消えてしまっています。
私自身、仕事は、Apple本社とのProjectに関わっていたので、
日々充実していました。
1992年夏、箱根で「マルチメディア国際会議」が開催されました。

この国際会議には海外から600名、国内は企業トップ達200名でした。
これだけの国際会議は以後も経験したことが無い大規模なものでした。
民間人はたった4名で、3日間ともに参加していたのは、
松岡正剛氏と私だけでした。他の著名な方は会議内容がわからなかったから、
すぐに帰ってしまったのだと思っています。
この時から、松岡氏との交流が始まったのです。
主催しているApple社には、会議中にも関わらず、
途中、途中でプレゼンテーションを当時会長だった
ジョン・スカーリー氏にしていた。
この会議をすべて統率していたのは、現・マクドナルドの原田社長であった。
そして、この時の基調講演は、以後、私の「情報」への視点を大きく変えた。
そして「的中」していることでした。
Dr. Gordon Moore
基調講演のキーノートスピーカーはDr. Gordon E. Moore氏 でした。 
「ムーアの法則」を提言し、時代は彼の法則を実証しました。
彼の講演では三つのことを語ったのでした。
土・ガラス・空気
これからの時代、コンピューター・パソコンは、
● 「土」・・・これはシリコンを意味していました。
● 「ガラス」・・・これは光ケーブル=光通信です。
● 「空気」・・・これはインターネット・空中に情報です。
そして、私はこの会議で、スカーリー会長が、
「マルチメディアは意味が拡散するだけだから、
Media Integrationへと収束する方向を創ろう」と
プレゼ会議での発言に感動し、
今日まで、私は「何がMedia Integrationか」を、
デザイン領域の中で追いかけてきたと考えています。


tag: apple, Dr. Gordon Moore, media integration, Multimedia & Art Festival 1992, Project, ガラス, コンサルタント, コーディネーター, ジョン・スカーリー, スカーリー会長, プレゼンテーション, マクドナルド, マスコミ, マルチメディア, マルチメディア国際会議, ムーアの法則, 会議, 北陸, , 展覧会, 松岡正剛, 福井, 空気, 資本主義からの逃走


目次を見る

2 Responses to “『資本主義からの逃走』
「 Media Integrationに向かってきた系譜・2 」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 10月 20th, 2016

    [...] レートガバナンスに、 「公益資本主義」を実働されているのです。 * 「 Media Integrationに向かってきた系譜・2 」 * 「コンピュータを強く認識したときの人物と試作デザイン」 * [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:32 AM on 11月 10th, 2017

    [...] * 『製品から商品へのデザイン投資のサインカーブ』 * 「 Media Integrationに向かってきた系譜・2 」 *  tag: apple, G7, KK適塾, Return of Company, ROC, アライアンス・フォーラム, [...]


This entry was posted on 金曜日, 4月 23rd, 2010 at 12:00 AM and is filed under 025「Media Integration」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.