kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「日本語の曖昧さを観念化と概念化で見定める」



概念と観念
私は「情報」や「環境」という現代最も重要なキーワード、
その曖昧さを再検証すべきと主張しています。
その再検証によって、
観念化と概念化を明確にすることができると判断するからです。
では、
概念化と観念化についてもその差異性と同意性を確かめておきます。
これも英語訳で取り囲んでみると、
差異性と同意性が分かります。

● 概念=(concept, idea, notion)
● 観念=(idea, concept, sense)

同意性は、concept, idea
差異性は、概念のnotionと観念のsenseだということです。
そこで、キーワードそれぞれについて、
次の差異性で検分していくことができるものと考えます。

■ 概念的にとらえるには、notion=意図・理解・見解
■ 観念的にとらえるには、sense=思慮・分別・感覚

さて、
こうした差異性を踏まえてキーワードを取り囲んで熟考します。
そうすれば、意味性の深度が必要だということに気づくはずです。
私はデザインをする対象に対して、
簡単に「コンセプト」立案と言う場合には、
すでに「コンセプト」=概念に直結している単純性に持ち込むことは、
デザイン実務、特にデザイン造形を狂わせるものと考えてきました。
しかも、すでに「常識語」であり、なんら検証しないままの
日本語そのものを再検証すべきだと提案しておきます。


tag: concept, idea, notion, sense, キーワード, デザイン, デザイン造形, 分別, 同意性, 差異性, 常識語, 思慮, 情報, 意図, 感覚, 日本語, 概念化, 理解, 環境, 英語訳, 見解, 観念化, 資本主義からの逃走


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
「日本語の曖昧さを観念化と概念化で見定める」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:15 AM on 11月 24th, 2017

    [...] いづれ、これを自分デザインにするつもりです。 * 「日本語の曖昧さを観念化と概念化で見定める」 *  *  *  *  tag: DESIGN, idea, Thinking, たどり着けない, ひらめき, [...]


This entry was posted on 水曜日, 6月 2nd, 2010 at 1:43 AM and is filed under 030「情報としての日本語」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.